遠距離の片思いアプローチ!好きな人とLINE(メール)で距離を縮める連絡術

遠距離の片思いアプローチ!好きな人とLINE(メール)で距離を縮める連絡術とは?

 
enkyori-kataomoi-approach
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今回は
『遠距離の片思いアプローチ!
 好きな人とLINE(メール)で距離を縮める連絡術』
こちらをテーマにお話します。
 
片想いの相手が遠距離にいる。。。
 
この状況は、
非常に辛いです。
 
片想いなので、
会いに行くのはなかなか困難です。
 
何かしらの理由をつけて、
遠方に出かける必要がありますから。
 
では、
ライン(メール)なら
困難なところは無くなるのか?
 
そう考えてみても
そもそも片想いなので
頻繁にメール交換し合うこと自体が
困難になります。
 
じゃあ、
諦めるのか?
 
会うのも難しい、
ライン(メール)するのも難しいなら
一番簡単なのは、
あなたがその女性を諦めることです。
 
あなた:
「それは嫌だ!」
 
ですよね。
 
あなたが好きな人は
そんな簡単に割り切れるような女性では無いはず。
 
では、遠距離にいる
片想い女性とあなたの距離が縮まるよう
下記の通り連絡術を解説するので
どうぞ参考にして下さい。

・遠距離恋愛に適した好きな人に送る
 ラインの頻度
・良い感じの時に仕掛ける
 遠距離アプローチ
・ラインだけの関係で
 グッと距離を縮める遠距離アプローチ
・好感度が低い段階で送る
 ライン(メール)内容
・遠距離アプローチで
 決してやってはいけない連絡
・遠距離アプローチを
 成功に導く2つのポイント

遠距離恋愛に適した好きな人に送るラインの頻度

 
まず
『遠距離恋愛に適した
 好きな人に送るラインの頻度』
こちらから解説をします。
 
遠距離恋愛の支えは、
メールもしくはLINEになります。
 
そして遠距離恋愛の連絡のやりとりで気になるのが
頻度です。
 
毎日こまめに送るべきなのか、
それともあまり頻繁に送らない方が良いのか、
このことを知りたがる
コンサル生は居ますから。
 
ではライン(メール)を送る頻度は
どのくらいが最適となるのか。
 
色んなところで
「相手が面倒だから一週間くらいがいい」とか
「女は構って欲しい生き物だから毎日がいい」とか
論じられていることがあります。
 
ただ、あんなものは
信じる必要はありません。
 
どれくらいがいいかなんて
女性によって変わるからです。
 
もっと言うと同じ女性でも
「相手に対する好意レベルで最適な頻度は
変わります。
 
【好意レベルが高い】
「あっ、○○君からだ♪」
 
【好意レベルが低い】
「今日も来た…」
 
つまり、
ライン(メール)の送る頻度の正解を
一概には言えず
臨機応変な対応ができるように
頻度を考えなければいけないということ。
 
では何を意識して
最適のライン(メール)の頻度を判断するのか。
 
いくつかあります。
 
●片想い女性に送るライン(メール)の頻度1
 
片想い女性に
次のライン(メール)を送って下さい。
 
♂「今日友達から、愚痴られた…」
♀「ん?どうしたどうした?」
♂「彼女から毎日連絡欲しいって
  怒られたんだってさ。
  いわゆるノロケの愚痴w」
♀「なんだ、心配した。ノロケか^^」
♂「ゴメンゴメン。
  まぁこういう系の不満ってありがちだよね。
  ○○ちゃんは毎日欲しい派?
  放置してほしい派?」
♀「さすがに放置は嫌だけど、毎日も嫌…
  ってなんかワガママな女みたいw」
♂「確かにw
  それは彼氏?男友達でも一緒??」
 
このように
友達からの愚痴というでっちあげから
ラインの頻度に関する話題に自然と入り
その中で男友達や彼氏への
ラインの頻度に関する意見を調べてください。
 
勿論どこまで聞き出せるのかは
あなたのラインスキルによるので
あまりクリアにならないかも知れません。
 
ただ、自然に話題に入ることで
深く聞き出せる可能性は高くなるので
参考にして下さい。
 
●片想い女性に送るライン(メール)の頻度2
 
「片想い女性のスタートで
 あなたに連絡があるか」を見て下さい。
 
なぜなら
片想い女性からのスタートで連絡がある限り
「頻度が多い」ことはないからです。
 
だいたいが
・問題無いレベルだから自分からも送ってきている
・足りないから、補おうと自分から送って来る
となります。
 
逆に連絡が来ない限りは
・わざわざ自分から送らなくても
 あなたからの連絡を待っていればいい
・これ以上の頻度は求めていない
と、足りない事は無いということ。
 
つまり、
女性からラインがあってもおかしくない関係で
女性からスタートの連絡が無いなら、
少し減らす調整を掛けた方が良いという
判断ができるということ。
 
●片想い女性に送るライン(メール)の頻度3
 
現時点での
・女性からの返信内容を見て
 反応が良いのか悪いのか
・女性からのレスポンスを見て
 反応が良いのか悪いのか
 
こういったことが分かりますが
好きな人があなたに求めている
ラインの頻度に適していないなら
確実に反応の悪さが見てとれます。
 
もし内容が問題無かったとしても
頻度のウザさが勝ち、
反応の悪さとして現れることがありますから。
 
勿論、頻度のウザさが勝たない場合もありますが
反応が悪いなら頻度が原因の恐れもあるので
そこに調整が必要になります。
 
片想い女性に送る

ライン(メール)の頻度を考えるに辺り
3つのポイントを挙げましたが
このポイントを抑えることにより
女性が求める頻度に
随分と近づけることができるので
それぞれ抑えてください。
 
なおこの3つのポイントを抑え
遠距離恋愛を成就させる為の肝が2つあります。
 
●遠距離恋愛を成就させる為の肝1
 
ライン(メール)の頻度を考えるに辺り
「あなたの感情を無視」するのが肝です。
 
・好きな人と連絡を取りたいという気持ち
・連絡が来ない事から焦る気持ち
こういったところを
頻度に加味してはいけないということ。
 
お目当ての女性を落とすのとは
関係のないところですから。
 
片想い女性が
どの程度の頻度を求めているのかを調べる

女性の求めている頻度に合わせる
 
これだけです。
 
自分の気持ちを抑えきれず
連絡過多になるところから
連絡が途絶えてしまうケースが多いので
よく覚えておいて下さい。
 
●遠距離恋愛を成就させる為の肝2
 
・女性から連絡が来る
・内容から見ても、
 レスポンスの早さから見ても反応が良い
・ラリーが盛り上がることが多い
このような状況になると
女性が望んでいる頻度に適していると
確認出来ます。
 
この時になりますが
片想い女性を振り向かせたいなら
女性が望んでいる頻度の、
80%程度の頻度でメールを送ることです。
 
満足はさせません。
 
しかし、
明らかに足りない量でも、
関係にヒビが入ります。
 
なので彼女が求める80%を満たせるように、
あなたの側で調節するのです。
 
というのも
女性にはちょっとだけ我慢をさせることにより
 
・もっとあなたと連絡をしたい気持ちが膨らむ
・あなたから連絡が来る事に喜びが高まる
・我慢をさせるところを作ることから
 会えた時の嬉しさが倍増する
という効果を期待できるからです。
 
遠距離恋愛では
会って寂しさを埋められない為に
近距離と比べると
「寂しさを感じさせ過ぎる」のはいけないところがあります。
 
「この人との遠距離は考えられない」と
よいイメージを持たせてあげられないからです。
 
なので
寂しさを感じさせ過ぎてはいけないのですが
ゼロとなってしまうと、
恋愛感情を芽ばえさせるのが難しくなるので
若干足りない程度の所へ調節できるよう
解説を参考にして下さい。
 
では次の
『良い感じの時に仕掛ける
 遠距離アプローチ』の解説に
引き続き入ります。
 

良い感じの時に仕掛ける遠距離アプローチ

 
遠距離恋愛でのライン(メール)のやりとりは
口説き落とす上で大きな存在になります。
 
このライン(メール)の内容次第で
飽きられてしまったり、
女性を不安にさせてしまうことがありますから。
 
口説くまでの連絡に対して
近距離とは比べものにならないレベルで
気配りをしなければいけません。
 
特に重要なのが
「相手の好意レベルが高まってきた時に
 不安にさせないこと」です。
 
女性と捉え方が
距離間で
次のように変わるからです。
 
・近距離だと近い為に
 そこまで不安にならないことから
 安心感を与えたところで心が動きずらい。
 
・遠距離だと遠い為に
 不安になりやすいことから
 安心感を与えることから心が動きやすい。
 
つまり、
近距離と言うベースが安心なら
不安を与えることが適している。
 
遠距離と言うベースが不安なら
安心を与えることが適している。
 
こういうことです。
 
ではその安心感を
どのようにライン(メール)で作るのか。
 
具体的には
『男友達と遊んでる画像を送る』のが
非常に有効です。
 
2、3人の男友達だけで遊びに行ったり、
飲みに行ったりする機会を作り、
その時に写メを撮ります。
 
そして、
・「今日も、◯◯と飲みにきてます。
  なんか最近毎週一緒にいる気がするw」
 
・「この後、ダーツに行く予定。
  次に会った時には、上達した腕前披露するね」
 
・「ここの料理うまい!
  今度こっち来てくれた時につれてくよ!」
 
好意レベルが高くなっている時の話しなので
踏み込んだ内容になっていますが、
こういった言葉を添えてください。
 
男3人で飲んでる写真は
端から見ればどうでもいい写真です。
 
しかし、
あなたを意識し始めている女性にとっては
あなたとの遠距離恋愛をイメージできる
非常に安心できる写真となります。
 
・あなたの元気な姿が見られる
・なんだか楽しそう
・一緒に女性がいないのも確認できる
 
好意レベルが高まってくると
あなたが楽しそうにしているのは
嬉しい気持ちになります。
 
ただ、
そこに自分以外の女性の存在があるのは嫌。
 
非常に複雑な感情を持っている訳ですが
この感情にフィットしたアクションを起こせる男が
遠距離の、片想い女性の心をゲットする男です。
 
「○○ちゃんのそういうところ可愛いよね」とか
「次会えるの楽しみだね」とかの
ライン(メール)よりも、
時にこういったライン(メール)が
片想い女性の心を突き動かします。
 
好意レベルが低い段階では
あなたに安心感を求めていない段階になるので
あくまでも
好意レベルが高まった時の話しになりますが
遠距離では非常に効果的なアプローチになるので
参考にして下さい。
 
では次の
『ラインだけの関係で
 グッと距離を縮める遠距離アプローチ』の解説に
引き続き入ります。
 

ラインだけの関係でグッと距離を縮める遠距離アプローチ

 
遠距離にいる女性にアプローチする中で
誰もが困る事があります。
 
話題です。
 
ラインだけの関係だと
どうしても話題が底をついてくるのです。
 
では話題がなくなると
どうなるのか?
 
当然ツマラナイと思われます。
 
あなたと女性が近距離の関係であり
会う機会を頻繁に作り出せるなら
このツマラナイが
致命傷にはならないこともあります。
 
しかしながら
ラインだけの関係で
ラインがツマラナイのは
致命傷にしかなりません。
 
メール交換がなくなっていき
あなたの恋は終わってしまうのです。
 
なのでこの状況は
何としても避けなければいけません。
 
ではどのようにして
話題が無い状態を避けるのか。
 
共通の話題を
無理矢理作ってしまう事です。
 
たとえば、
女性でもやってる
ソーシャルゲームありますよね。
 
もし、
片想い女性がやっているゲームがあるなら
あなたもやるのです。
 
また、
そういうタイプの女性は
他のゲームもハマる事が多いので
適当に女性に人気のある
ソーシャルゲームをススメて
一緒にゲームを始めるのもアリです。
 
中には対戦プレイや、
協力プレイができるものがありますが
一緒にやることとなったら
話題が尽きる可能性の少ない
強力な共通の話題になります。
 
あなたがゲームを毛嫌いするとしても
女性との関係を円滑に育むツールになるなら
やらない手はありません。
 
もちろん、
女性が極度のゲーム嫌いの可能性もあります。
 
その時はまた
「共通の話題」となるものが作り出せるよう
別のアプローチを考えればいいだけです。
 
別のアプローチとは
たとえば、女性の趣味を
あなたの趣味として取り入れてしまうことで
「共通の話題」となるものが作り出せます。
 
遠距離というシチュエーションに置かれ
ラインだけで関係を築かなければいけないなら
何度も話しやすい「共通の話題」を作るのは
必須です。
 
片想い女性とグッと距離を縮めるのに
欠かせないアプローチになるので
今直ぐ作り出して下さい。
 
では次の
『好感度が低い段階で送る
 ライン(メール)内容』の解説に
引き続き入ります。
 
※モテ男閲覧禁止!
好きな人を落とせない悩みとは無縁の、モテ男に進化する方法はコチラ

好感度が低い段階で送るライン(メール)内容

 
遠距離といえど、
好感度が低い中で
ライン(メール)交換するだけならば、
近距離にいる女性と大差はありません。
 
好感度が低い限り
好きな人とのやりとりで、
より高いハードルになるのは、
遠距離であることよりも、
片想いであることだからです。
 
当たり前のように
メールを交換する関係に持ち込むには、
 
・友人として仲がいい
・あなたのメールが面白い
のどちらかが必要となり
決して仲が良いとは言えないなら
メール内容に全てをかけなければいけません。
 
遠距離にいる片想いの女性も、
あなたのメールが楽しい内容ならば、
自然とメール交換をしたくなりますから。
 
全てが勝負と考えて下さい。
 
大事なことなので繰り返します。
 
全てが勝負です。
 
2回3回連続で良い反応がなければ、
終わってしまう可能性が高いので
何度も見直して、
相手の女性があなたのことを
「面白い」「メールしたい」と思えるような、
渾身の一撃を毎回送らなければいけません。
 
この意識があるかないかで
失敗する確率は変わるので
まずこのことを忘れないで下さい。
 
ではどういった内容で
連絡を入れるのか。
 
それは
『片想い女性に関すること』です。
 
あなたには
いくらかの片想い女性に関する情報があります。
 
どういった情報かは分かりませんが
たとえば
・彼女が好きな映画
・彼女が好きな音楽
・彼女が好きな食べ物
・彼女が好きな有名人
・彼女が好きな作家
こういった情報を持っているはずです。
 
この情報が片想い女性が
「面白い」「メールしたい」と思う
ライン(メール)を送る上で
もの凄く重要になります。
 
ズバリ
『片想い女性の好きなものに関わることが、
 あなたの身の回りで起きた時に
 それをライン(メール)で送る』です。
 
分かりずらいので
いくつか具体例を出します。
 
例1)
「◯◯ちゃんが好きなバンド、昨日新曲出たよね!
 俺も聞いたよ」
 
例2)
「ラーメン好きの◯◯ちゃんだから聞きたい!
 チェーン店の△△ってどう?
 今、来てるんだけど」
 
例3)
「◯◯ちゃんがこないだ読んでた本あったでしょ。
 あれ映画化されるってニュースになってる」
 
このラインを送る条件は
次の二つになります。
 
1・その話題がタイムリーであること
2・彼女が好きなもの
 
この2つの条件を満たすことにより、
 
・あなたの周りであった
 彼女に関係の無いこと
 
・彼女の情報を集めようと
 彼女について質問をされること
 
・彼女が未だ興味を持っていない
 あなたのアピールポイントを聞くこと
 
こういった連絡とは
別次元の連絡になります。
 
話題の主役が、
彼女が好きなことで
タイムリーであればあるほど、
彼女があなたとラインをする気持ちが
高まっていきます。
 
片想い女性に関する情報に
常にアンテナを張ることで
あなたが送るライン(メール)の質は
もの凄く高くなるので
必ず抑えてください。
 
では次の
『遠距離アプローチで
 決してやってはいけない連絡』の解説に
引き続き入ります。
 

遠距離アプローチで決してやってはいけない連絡

 
遠距離の女性を狙っている時に
決して起こしてはいけない
アプローチがあります。
 
抑えていないと
一気に関係が終わる恐れのある
恐ろしいアプローチです。
 
それは
『フォローの必要性があるアプローチ』です。
 
遠距離恋愛の場合、
どうしてもフォローが後手後手に、
回ってしまいます。
 
もしも近くにいるのなら、
多少誤解があったとしても、
一度会えば解決できます。
 
しかし、
遠距離恋愛の場合、
そういう訳にもいかないので
不用意に仕掛けてはいけないのですが
具体的にどのようなアプローチを指すのか。
 
たとえば、
近距離にいる女性に対して
『彼女が知らない女性の話をする』など
嫉妬心を煽るアプローチを起こす事が
場合によってはあります。
 
戦略上必要なら
このアプローチを仕掛けても
全く問題ありません。
 
きちんと後でフォローができる
という前提ですが、
このアプローチから関係を進展させるのは
可能ですから。
 
しかしながら遠距離だと
このようなアプローチを仕掛けてはいけません。
 
フォローをできない限り
次のようなデメリットばかりが生まれるから。
 
・信用を失う
・男としての評価が下がる
・女性を不安にさせる
・あなたの恋愛観に疑問を持たせる
 
しかも、
女性を本当に怒らせてしまった時には
フォローができず
スマホを握りしめながら
女性からの連絡を待ち続けることしかできない。
 
中々リスキーな戦略になってしまいます。
 
例に
『彼女が知らない女性の話をする』
を挙げましたが
遠距離ではどんなアプローチであれ
『フォローの必要性があるアプローチ』
なのかを考え
そのアプローチを起こすのに見合うだけの
メリットがあるのかを考えてから
アプローチを起こして下さい。
 
では次の
『遠距離アプローチを
 成功に導く2つのポイント』の解説に
引き続き入ります。
 

遠距離アプローチを成功に導く2つのポイント

 
遠距離アプローチを成功に導くポイントは
いくつもありますが
その内の2つを挙げます。
 
●遠距離アプローチを成功に導くポイント1
 
一つ目に
『ライン(メール)はあくまでも
 ライン(メール)』です。
 
片想い女性とは
遠距離の関係にあります。
 
その時に頼れるツールは
ライン(メール)です。
 
ただ、ライン(メール)は
あくまでもライン(メール)になります。
 
どれだけ濃い内容のライン(メール)を
片想い女性に送ったところで、
実際の会話や通話には敵いません。
 
つまり、何処かで
顔を見れるツールへ移動し
顔を見れるツールでの関係構築を
メインにする必要があるということ。
 
・実際に会って話す
・スカイプなどで顔を見て通話
 
勿論会えない時、
まだ通話する段階に至らない時は
ライン(メール)しかないので
それは仕方ありません。
 
ただいつまでもライン(メール)で、
2人の関係を作ろうとはしないで下さい。
 
常に顔を見れるツールへの移動を意識し
可能な限り早い段階で
そちらをメインにできることが
遠距離アプローチを成功させる上で
重要になりますから。
 
●遠距離アプローチを成功に導くポイント2
 
二つ目に
『長文メールはしない』です。
 
遠距離の場合、
全てがメールになるので
どうしてもメール内容が重くなりがちです。
 
片想い女性に伝えたいことが多いあなたは、
長文でメールで打ってしまうのです。
 
もちろん、
必要なケースもあるので
たまになら構いません。
 
ただどれだけ必要でも
月に1回、2回くらいが限度です。
 
それ以上の頻度で、
片想い女性に長文メールを送ってしまうと、
女性がプレッシャーに感じるからです。
 
たとえあなたに
そんなつもりが無かったとしても
プレッシャーを感じます。
 
というのも
自分が長文メールを送って、
相手の返信が短文だと、
あなたは「そっけないな」と感じますよね。
 
長文メールを送るというのは、
メール内容に関わらず、
相手にも長文を期待しますから。
 
これは、
誰にでも起こる心理的なものです。
 
ではそういう心理になる
長文メールを受け取った相手はどう思うのか。
 
あなたは短文でも良いと思っていても
相手はプレッシャーを感じます。
 
そして、
ライン(メール)しかない関係で
ライン(メール)で「大変だな」と思わせてしまうと
二人の関係に先はありません。
 
遠距離である限り
ライン(メール)で「大変だな」と思われるのは
致命的ですから。
 
非常に重要なので
参考にして下さい。
 
なお、以下の記事でも遠距離において
重要な事を解説しているので
興味がある場合ご覧になって下さい。
⇒ 遠距離で脈ありに導くアプローチはコチラ
⇒ 遠距離での交際の仕方はコチラ

※下記の情報を
一度、確認をお願いします
↓↓↓↓↓

 

※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

購入者特典


当サイトでの恋愛商材の購入には
恋愛コンサルタントならではの
他のサイトでは手にできない
強烈なオリジナル特典
が付いています。
【特典の詳細はコチラ】

レビュー一覧



当サイトレビュー商材一覧は、
以下よりご確認ください。
レビュー商材一覧はコチラ

評価別レビュー一覧

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク