女性にモテる趣味でかっこいいと女性ウケ抜群となる男の趣味を暴露

女性にモテる趣味でかっこいいと女性ウケ抜群となる男の趣味を暴露とは?

 
moteru-kakkoii-syumi
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今回は
『女性にモテる趣味でかっこいいと
 女性ウケ抜群となる男の趣味』
こちらをテーマにお話します。
 
女性ウケを抜群にする為には
モテる趣味を手にしておくのは必須です。
 
なぜなら
私は長く恋愛コンサルタントとして
活動をしていますが
趣味というのは恋愛経験値の低い人でも
趣味1つで女性の気を
大きく惹く事があったからです。
 
あなたが耳にした事があると
話しが早いのですが
 
「趣味がキッカケで
 付き合う事になりました!」
この事から分かる通り
恋愛において趣味は強いです。
 
勿論、厳密にいうと
女性ウケ抜群の趣味がなくとも
モテる等と恋愛で望む結果を掴むのは可能です。
 
事実として、
無趣味なのにも関わらず
女性にモテている男性はいますから。
 
ただ、そのケースに当てはまるのは
得てして
無趣味なのを、有り余るほどに
 補う要素を持った男

女性を口説くのが
 趣味となっている男

ここに属する男だけです。
 
その様な男性は一握りであり
一般的には無趣味な事が
足かせとなる男性が大半となります。
 
なので、一周回って
やはり女性ウケを抜群にする為には
モテる趣味を手にしておくのは必須です。
 
共通の趣味があれば、
女性にモテる可能性は上がります

 
他にも女性が求める男性の魅力を
最大限に引き出す趣味があれば
女性にモテる可能性は上がります

 
そして、
その可能性を高めるのに欠かせないのが
ただの趣味では無く、
女性にモテる趣味を手に入れる事です。
 
その趣味において次の通り解説するので
どうぞ参考にして下さい。

・鉄板で女性にモテる趣味その1
・実は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書は
 女性にモテる趣味では無い真相
・鉄板で女性にモテる趣味その2
・女性と趣味が合わない時に
 口説き落とす際の鉄則
・無趣味の間にモテる趣味で
 女性ウケを抜群に得られる必殺技
・モテる趣味で口説こうとしてはいけない女

鉄板で女性にモテる趣味その1

 
まず
『鉄板で女性にモテる趣味その1』
こちら。
 
本記事では
・友人が多い人
・金銭的、時間的余裕のある人
様々な方向性でモテる趣味を解説します。
 
ただそれらの方向性は
「人が限られる」ところがあるので
まず最初に誰もが可能なモテる趣味から。
 
誰もが可能なモテ趣味としては
以下の趣味がオススメです。

・食べ歩き
・料理
・音楽ライブ
・スポーツ全般
・お笑い

この辺りです。
 
かっこいいと言われるのは
スポーツくらいになりますが
比較的女性ウケの良い趣味になります。
 
そして
私が挙げたオススメの趣味から
・あなたが狙っている女性
・住んでいる所
・年齢
様々なものを加味して
あなたには趣味を選んで欲しいのですが
その際に着目すべき最大のポイントがあります。
 
それは、女性から
「行きたい」と言う言葉を引き出せ
そこからデートへ繋げられるのが可能な趣味かどうか、
です。

 
ということは、
例に挙げた趣味から
結構多くの人が取り入れることとなる趣味が
どの趣味なのかは分かると思いますが
特に「食べ歩き」をオススメします。
 
例えば

♂最近駅の近くにできた
 ××に早速行ってきたんだ
♀え~どうだった?
 美味しかった?
♂めっちゃ美味しかったよ。
 ○○ちゃん××好きなら
 絶対1回行った方がいいよ
♀うそ~。行ってみたい。
♂なら、今度時間合ったら行こうよ。
 ○○ちゃんのおごりで。
♀えっ。なんでよ。
 ○○くんの奢りでしょ
♂じゃあ奢るし、、
 今度仕事早く上がれる日あったら
 行くの決定ね^^

この様に容易に誘える趣味になるからです。
 
「お笑い見に行く?」となると
ご飯を食べるのとは違い
誰とでも行くような分野ではないので
女性の中で心理障壁が高くなります。
 
「手作りの料理ご馳走するよ。」となると
家に招かれるという事で
これがどれ程までに心理障壁が高くなるのか
説明するまでもありません。
 
これらの趣味と比較した場合
どれ程食べ歩きを取り入れるべきなのか
分かると思います。
 
またもっと言うなら
食べ歩きであれば

♀○○くん美味しいお店どっか知らない?

この様に『女性から頼ってくる会話』も
生まれます。
 
また更に言うと

♀○○くん美味しいお店連れっててよ~。

この様に女性との関係によっては
誘われるのに繋がる場合もあります。
 
なので「行きたい」の言葉を引き出せ、
そこからデートへ繋げられる
「食べ歩き」なんかは
恋愛での結果を見据えるなら
手を出すべき趣味だと言えるのです。
 
食べ歩きが難しい
お住まいなら無理ですが、
そうでないなら参考にして下さい。
 
次に食べ歩きが無理な場合についても
解説をします。
 
その場合先程と同様に
私が挙げたオススメの趣味から
・あなたが狙っている女性
・住んでいる所
・年齢
様々なものを加味して
あなたには趣味を選んで欲しいのですが
その際に着目すべきポイントが
二つあります。
 
女性も一緒にその趣味に参加できるか
女性が趣味としているか
ここです。
 
なぜなら、
一緒に楽しめないと意味が無いからです。
 
またポイントを抑えていないと
話題として挙がった時に
盛り上がりませんから。
 
なので、最低限
どちらかに当てはまるのかを抑え
取り入れる趣味を選んでください。
 
趣味を単純に決めてしまわず
お伝えした通り

・「行きたい」と言う言葉を引き出せ
 そこからデートへ繋げるのが可能な趣味
・女性も一緒にその趣味に参加できるか
・女性が趣味としているか

この3つを抑えることで
恋愛で結果を掴むのに繋がる
モテ趣味と進化するので
参考にしてください。
 
では次に、
・友人が多い人
・金銭的、時間的余裕のある人
この辺りの
人が限られるモテ趣味の解説に入ります。
 
※モテ男閲覧禁止!
女性ウケ如きのちっぽけな悩みとは無縁の、モテ男に進化可能。
絶望的非モテ男が、秒速で激カワ女性とウハウハな日々をゲットした、魔法のノウハウはコチラ

実は映画鑑賞・音楽鑑賞・読書は女性にモテる趣味では無い真相

 
『実は映画鑑賞・音楽鑑賞・読書は
 女性にモテる趣味では無い真相』
こちらに関して。
 
なおこの解説に入る前に一つだけ。
 
友人が少ない、
金銭的、時間的余裕が無い、
ここに該当しない場合は、
ご覧頂いても意味が無いので
本記事の以下の解説へ移動することを
オススメします。
⇒ 「女性と趣味が合わない時に口説き落とす際の鉄則」
  へ移動

 
⇒ 「趣味の間にモテる趣味で
  女性ウケを抜群に得られる必殺技」へ

 
それでは解説に入ります。
 
一般的に趣味を聞かれた時に、
よく挙がるのは、
映画鑑賞、音楽鑑賞、読書などです。
 
女性ウケの悪いモテない君達が
5対5の合コンを開けば
5人中4人はこの辺りを答えます。
 
これらの趣味は
勿論悪くはありません。
 
例えば

・ゲーセン通い
・フィギュア集め
・アイドル好き
・アニメ鑑賞
・ギャンブル

こういった趣味なんかに比べれば
遥かに女ウケは良いです。
 
また「趣味が合う」という条件をクリアし
話しを盛り上がることに成功すれば
好印象をゲット出来る場合もあります。
 
ただモテるのに特化するなら
これでは「趣味が無い」と
言っているようなもの。

 
なぜなら
ありきたりな趣味だからです。
 
毎年映画を100本は観ている?
i-podは160Gじゃ足りない程
音楽を聞き込んでいる?
毎月10冊以上は本を読んでいる?
 
確かに、そうであるなら
一般の人に比べれば、多少は造形が深いと言えます。
 
しかしながら
モテるための趣味という意味では、
「だからどうした?」と
言わざるを得ません。
 
そこから
「かっこいい」と言われた事がないのは
容易に想像できるから。
 
どれも
モテるための趣味とは程遠いと
言わざるを得ません。
 
厳密に言うと、どれもこれも
ありきたりにとどまらず
全て受け身の趣味
というのが致命的です。
 
このことが
モテるという意味で最悪なのです。
 
想像してみてください。

女「趣味は何?」
男「音楽とか好きだよ」
女「どういうの好きなの?」
男「◯◯とか好き、知ってる?」
女「ん、、、知らない」

映画や音楽とか読書だと
こんな会話展開が珍しくありません。
 
一瞬にして
会話終了のお知らせです。
 
受け身の趣味で気を惹こうとしても、
趣味が合わない限り
結果はこういった場合が多くなります。
 
かっこいいとは
まず言われません。
 
なので、モテるに特化するのなら
この様な受け身の趣味を選択肢に含まないのが
ベストな選択なので覚えておいて下さい。
 
この事を抑えるだけでも
モテる上でかなり大きな違いを生みますから。
 
では、どういった趣味が
女性にモテる趣味なのか
引き続き掘り下げます。
 

鉄板で女性にモテる趣味その2

 
zyosei-moteru-syumi
 
次に
『鉄板で女性にモテる趣味その2』
こちら。
 
女性にモテる趣味とは、
先程挙げた「映画鑑賞」「音楽鑑賞」「読書」、
この様な趣味にある魔法をかけることです。
 
具体的には
『自らが発信する側の趣味にする』です
 
例えば
同じ音楽が趣味でも、
i-podがパンパンの男よりも、
自らが楽器を演奏できたり、
DJをしたりする方が、
女性の気を惹ける趣味になるということ

 
読書でいうと、
自ら作品を発表している男の方が、
はるかに興味を持たれる

 
映画でいうと、
自分で映像を撮っている男の方が、
はるかに「かっこいい」と思われる

 
自分から発信する側の趣味にするとは
こういうことです。
 
こういった
発信する側の趣味が1つでもある男は強い。
 
なので
金銭的時間的な余裕がある際に限られますが
 
これから
女性にモテるにフォーカスをあて
趣味を見い出す場合
まずは発信する側になれるかどうかを
念頭に置いて何を趣味にするかを考えてください。

 
「かっこいい」と言われるのは
間違いありませんから。
 
ただ、、、

「そんなの才能がなければ無理じゃん」
「そんなのお金ねん出できないよ」
「そんなの時間作れないよ」

だからこそ
金銭的、時間的な余裕がある人に限られるのですが
勿論そういった人が多いのは確かです。
 
ですので、
その場合にもすぐに始められ、
そしてすぐにサマになる、
最高のモテる趣味についてもお話しします。
 
その趣味とは、
ズバリ、、、
『バーベキュー』です。
 
あらたまって言う程のことではありませんが
群を抜いて強いです。
 
勿論友人が少ないのなら
あまり選ぶのは難しいので
人を選ぶところはあります。
 
なので、選べない際は
最初に解説した食べ歩きなどの
人を選ばない趣味から選ぶことですが
 
この趣味はモテるための趣味といっても
過言ではありません。
 
なぜなら
アウトドア、行動的、出来る男のイメージ、、、
全てをカバーする趣味だからです。
 
それなのにも関わらず
やる事と言えば川や海に行って肉を焼くだけ。
 
更には
火を起こしたり、重い荷物を運ぶ姿は
男性としての魅力を思う存分見せる事ができます。

 
共同作業で火を起こすのは
女性のハートに火を起こすのに
一役買います。

 
まぁ、本格的に
バーベキューが趣味の人に言わせれば、
「オイオイ、そんなに甘いもんじゃないぜ?」
なんて言われそうですけど、
別に本気で取り組まなくても
本人が趣味と言えば趣味な訳です。
 
だったら、
そう言っておけばいいのです。
 
例えば

「バーベキューとかよくやるよ。
 よかったら今度来る?」

なんてセリフをさらっと言えば、

「DVD鑑賞とかよくやるよ。
 よかったら今度来る?」

なんて言葉からでは想像できない程に
女性があなたを見る目は変わります。
 
なぜなら
・そもそもバーベキュー好きな女性は
 結構多い
 
・基本的に女性は手ぶらで来て、
 肉食って帰るだけ
このような理由からです。
 
そして、バーベキューは
基本的には大勢でやるものになります。
 
つまり、そういう認識があるものなので
女性の側も、
あまり警戒せずに応じやすいのが
バーベキューということ。

 
特定の女性と距離を縮めるのに、
もってこいの趣味と言えます。
 
手軽とか警戒されないというのは
遊びに誘う上で重要ですから。
 
例えばドライブなんかになると、
モテるための趣味として有効ですが、
バーベキューに比べると
少し難易度は上がります。

・車が無いと無理
・会話テクが必要
・二人きりになるので警戒される

バーベキューの方が
活かしやすい事が分かると思います。
 
なので、そこそこ時間を要したり
資金を必要としたりする趣味が難しい場合は
友人の多さにも寄るところがありますが
「バーベキュー」を趣味にして下さい。
 
 
なおここまで
「バーベキュー」「食べ歩き」
「発信者側の趣味」をメインに
 
・女性も一緒にその趣味に参加できるか
・女性が趣味としているか
この2つのポイントの
どちらかに当てはまる可能性が高い
「料理」「音楽ライブ」
「スポーツ全般」「お笑い」
これらもオススメの趣味として紹介しました。
 
ただ
新たに女性を狙うとなると
「女性が趣味としているか」を抑えても
そこまで自然と趣味が一致するパターンは
多くないのが事実です。

 
勿論趣味が合う確率が高くなるのは
間違いありません。
 
しかしながら
『あなたの趣味』と
『好きになった女性の趣味』が、
まったく合わない・・・
こんなケースは当然のように訪れるのです。
 
ということは、つまり
「女性が趣味としているか」を抑え
趣味が合う確率を高くするのとは別に、
趣味が合わない場合の対処法も
用意する必要があるということ。
 
どちらの場合も
恋愛関係に発展する術を持っていれば
趣味において怖いモノはありませんから。
 
では、続いて
女性と趣味が合わない時の
口説き落とす方法について話しを進めます。
 

 

女性と趣味が合わない時に口説き落とす際の鉄則

moteru-kakkoii-syumi
 
次に
『女性と趣味が合わない時に
 口説き落とす際の鉄則』
こちら。
 
趣味が合わない際に
まず覚えてほしいのが、
『女性は教えてもらう側に周る方が
 恋に落ちる可能性が高い』という事

 
逆に言ってしまえば、
『女性が教える側では
 恋に落ちる可能性は低い』という事です

 
誤った解釈をしてはいけないので
厳密に触れますが
あくまでも、
女性に教える側に周らすことは
関係を築く上で有効です

 
自分の趣味に対して、
理解を示してくれる人
自分が好きな趣味の話しをさせてくれる人
となり、関係構築では強力な力を発揮します。
 
実際私も仲良くなるのが難しい女性に対して
女性に教える側に周らせる事は多々あります。
 
しかしながらそれは
あくまでも「仲良くなるキッカケ」における
話しとなります。
 
仲良くなるキッカケでは無く
「恋に落ちるキッカケ」となると
話しが変わります。
 
あなたが教わる立場よりも
教える立場の方が、
断然恋に落ちる可能性が高いと断言できます。
 
■仲良くなるキッカケ
・女性が教える側に周る
 
■恋に落ちるキッカケ
・女性は教わる側に周る
 
なぜなら、
女性は自分より下と見る男性より
自分より上と見る男性に惚れやすい生き物であるから

 
なので、趣味に
振り向かせる一端を担わすのであれば
女性の趣味に対して
男性の方が、より精通した状態で
アプローチを仕掛けなければなりません。
 
例えば
「◯◯ちゃんの趣味は△△なのかー、
 じゃあ俺もやってみよう。
 そしてお近づきになろう。」
なんてパターンは、恋に落とすにおいてはNGです。
 
仲の良い女友達は作れるでしょうし
恋に落ちるキッカケとなる可能性も
ゼロとは言いません。
 
ただ、先程も言ったように
教える立場の方が、
断然恋に落ちる可能性が高いです。
 
つまり、
 
・趣味を知る
→女性の知らない中で女性より精通する
→女性に教える、
と、教えてあげられる立場になって、
同じ趣味を共有しようと動くべき、
ということ。
 
モテる、惚れさせる、という観点で見れば
これがベストの選択になります。
 
女性と趣味が合わない場合に
惚れさせる際の戦略と、
仲良くなる際の戦略は、
それぞれ異なるので
解説を参考に「目的」に併せて
行動を起こして下さい。
 
 
では、、、
ここまでの話しで
モテる趣味を手にする事は可能となり
また趣味を活かすのも可能な状態となりました。
 
ただ
あなたが無趣味であるとするなら
その趣味を手にするまで
少し時間が必要になります。

 
趣味と言うのは
今日明日でどうこうできませんから。
 
なのでそれまでの間に
モテる趣味で女性ウケを抜群に得る必殺技を
引き続き解説します。
 

 

無趣味の間にモテる趣味で女性ウケを抜群に得られる必殺技

 
次に
『無趣味の間にモテる趣味で
 女性ウケを抜群に得られる必殺技』
こちら。
 
モテる趣味を活かすのには
何も趣味として成立してないといけない
という訳ではありません。
 
無趣味でも
モテる趣味を活かすのは可能です。
 
ある方法を駆使すれば。
 
そして、ある方法に関しては
「1回会う中で好印象を残さなければ
 次に繋がらない」
と言ったような出会いの場で
特に有効となるので
そういった時には特に重宝して下さい。
 
それでは
具体的な話しに入ります。
 
モテる趣味として
バーベキュー、食べ歩きを挙げました。

 
さて、仮に
あなたが日サロに行ったと仮定して下さい。
 
その場合

「あっそういや先週
 バーベキューに行ったんだけどさぁ、
 その時にコイツがね・・・」

と適当に友人のオモシロ失敗談を
話したとします。
 
そこで

「最近バーベキューにハマってんだよね」

この様に会話を展開しようものなら
女性はどう思うでしょうか。
 
日サロで焼いている事を言わなければ
バーベキューが趣味なんだろうなと
無意識的に認識します

 
たとえそのバーベキューが
あなたにとって初めてとなり
ハマり始めた段階であったとしてもです。
 
肌が黒いのとアウトドアが
イコールとして繋がるので
その事実を伝えなければ、
勝手に趣味レベルだと認識するから。

 
次に
仮にあなたが
ポッチャリ体系だと仮定して下さい。
 
その場合
「お前ウマい店めっちゃ知ってるけど
 飲み直しに2次会するなら
 どっかいい店ある?・・・」
 
と友人に話しを
振ってもらったとします。
 
そこで
「最近食べ歩きにハマってんだよね」
この様に展開しようものなら
女性はどう思うでしょうか。
 
もうお分かりでしょうが
食べ歩きが趣味なんだと
なんら疑うことなく信じます。
 
ポッチャリだと
美味しそうなお店知ってそうと
点と点が繋がりますから。
 
つまり、このことから分かるように
どの程度趣味として成立しているのかは
関係無いということ。
 
自分の見た目にフィットしている趣味となると
強く信じ込ませる事ができ
無趣味でもモテる趣味を活かせるのは
可能となるのです。

 
理解を深めてほしいので
分かりやすい例え「格闘技」で話をしますが
ガタイが良い人となると
「俺格闘技してんだよ」この一言で
「強そ~」というのは伝わります。
 
ただヒョロっとした体系の人となると
「俺格闘技してんだよ」この一言では
「強そ~」と言われながらも
心の中で「ホントに~」と
疑いの目を向けられるものです。
 
そして○○の大会で勝っただの
格闘技している姿を見せるだの
多くの情報を提供しなければ
中々信じてもらうのは難しいといえます。
 
つまり、伝える段階の時点では
見た目にフィットしている事が
何よりも重要だという事です。
 
人は「本当はどうなのか」という事実よりも
視覚から入る情報、
耳から得た情報等からの「イメージ」で
人を作り上げますから。

 
なので、無趣味の間は
自分の見た目にフィットしている趣味を使用し
その後その時に使用したものが
趣味となるように進めて下さい。
 
おいおい趣味となるよう取り組んでいけば
そこでどれだけ女性に勘違いを生ませようが
何も問題ありません。
 
つまり、後付けで良いという事です。
 
勿論、
・嘘をつきとおすのが上手
・その日だけの関係として考えている
のであれば、
その後に取り組むものでなかったとしても
構いません。
 
そこら辺は人それぞれなので
どの様に自分にフィットした趣味を
扱うのかは異なりますが
 
とにかく
『話す内容+見た目、の印象だけで
 十分にモテる趣味を活かすのは可能』なので
無趣味の間は
自分の見た目にフィットした趣味で
モテる趣味を活用して下さい。

 
 
それでは、
「金銭、時間、友人、」
これらの問題に併せて
 
・趣味が合わない場合、
・身に付けるまでの間
こちらも抑えたので、
どういったケースであれ
モテる趣味で「かっこいい」と
女性ウケ抜群になるのは可能となりました。
 
ただ、最後にもう一つだけ。
 
モテる趣味が万能なのかというと
そういっった訳ではありません。
 
というのも
女性にモテる趣味であっても
その趣味を推したところで
通用しない女性が存在するのです

 
世の中には
モテる趣味で口説こうとしてはいけない
女が存在します。
 
万能だったらいいのですが
どんな法則にも例外が存在します。
 
では次の
『モテる趣味で
 口説こうとしてはいけない女』の解説に
引き続き入ります。
 

モテる趣味で口説こうとしてはいけない女

 
zyosei-moteru-syumi
 
モテる趣味が通用しない女性とは、
『趣味が無い女性』です
 
なぜ、
この手のタイプの女性になると
モテる趣味が通じないのか。
 
それは
『自分に趣味が無い、
 だから相手の趣味にも興味が無い』
となるからです。

 
そういう女性にいくら、
「バーベキューに行こうよ」
「DJやってるんだぜ」
と言ったところで反応は薄くなります。
 
なにせ、興味が湧かない訳ですから。
 
ただ、
間違ってはいけないポイントがあります。
 
趣味が無い女性には、
2通りのパターンがあります。
 
1.趣味が欲しいけど見つけられない女性
2.そもそも趣味に価値観を見出だせない女性
 
そして1の場合は
女性にモテる趣味の話題で推せます。
 
DJだろうが、
バーベキューだろうが
喰いついて来る可能性があります。
 
しかし、2の場合はいけません。
「DJ?ふーん、、、」で会話が終了です。
 
そして、無理をして
趣味に食い付かそうと話しを続けると
『私とは合わない人』となります。
 
ですから、
趣味の話しをしていて
この手のタイプの女性だと判断した場合、
趣味で推そうとはしてはいけません。

 
女性にモテる趣味は
基本的には強力な武器になります。
 
しかし、女性によっては
別の角度からアプローチを
仕掛ける必要があるのです。
 
どうしてもアピールポイントとなると
そこでどうにかしようと
思ってしまうものですが
その女性の価値観を
根底から覆すのに力を注ぐのであれば
別の手で攻めた方が良いです。
 
そうすれば、
モテる趣味が足を引っ張る存在にはならず
最大限に活かす事ができますから。
 
なお、以下の記事でも
モテるにおいて重要な
スキンシップ等を解説しているので
興味がある場合はどうぞご覧下さい。
⇒ スキンシップ最強手順はコチラ
⇒ 口説き落とすテクニックはコチラ

※下記の情報を
一度、確認をお願いします
↓↓↓↓↓

 

※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

購入者特典


当サイトでの恋愛商材の購入には
恋愛コンサルタントならではの
他のサイトでは手にできない
強烈なオリジナル特典
が付いています。
【特典の詳細はコチラ】

レビュー一覧



当サイトレビュー商材一覧は、
以下よりご確認ください。
レビュー商材一覧はコチラ

評価別レビュー一覧

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク