ライン(メール)で脈なし状態に陥る既読にならない恐れも潜むNG連絡

ライン(メール)で脈なし状態に陥る既読にならない恐れも潜むNG連絡とは?

 
line-myakunasi-kidokuninaranai
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今回は
『ライン(メール)で脈なし状態に陥る
 既読にならない恐れも潜むNG連絡』
こちらをテーマにお話します。
 
ライン(メール)の連絡先を交換して
返信があるかどうかというのは
まず第一に連絡先を交換した時に
連絡のやりとりをする気があって交換しているのか、
ここがポイントとなります。

 
たとえば、
社交辞令で交換しただけ
断るのが面倒だから交換しただけ
この場合そもそも連絡のやりとりをする気が無いので
既読を望むのは無理な可能性が非常に高いです。
 
連絡にNGな原因は無く
あなたがNGだという事。
 
なので、1回目の連絡の時点で
既読にならないケースが多い場合は
出会った時に良い印象を与える外見に改善する
連絡先交換までに関係を築けるように会話スキルを磨く
この辺りに取り組む必要があるという事。
 
ただ、1回目の連絡の時点では無く
何度かやりとりができた中で
既読にならなくなることが多い場合
NG連絡をしてしまっている可能性が高いです。

 
勿論、連絡面以外での
接触に問題がある事も考えられますが
原因の一つとして浮上してきます。
 
そして、ラインというのは関係を築く上で
欠かせないコミュニケーションとなるので
そこに原因がある場合
恋愛活動で結果を掴め無い
大きな問題を抱えている事となってしまいます。
 
なので今回は
ラインが原因で脈なし状態にならないよう
ライン(メール)連絡でのキャラと会っている時のキャラの違い
一気に脈なしにさせる定期的なルーチンメッセージ
既読にならない機会を減らすタイミング
返信が無い中での返信の催促
自分のことを知って欲しい気持ちが強い自己満ラインはNG
ライン(メール)で脈なし状態に陥る3つのNG連絡
 
これら6点について解説します。
 
現時点のあなたの連絡と照らし合わせ
仮にNG項目を含んでしまっている場合は
必ず取り除いていきましょう。

ライン(メール)連絡でのキャラと会っている時のキャラの違い

 
まず
『ライン(メール)連絡でのキャラと
 会っている時のキャラの違い』
こちらから。
 
あなたが出会いの場に参加し
ある女性と連絡先を交換したとします。
 
その際にあなたは誠実な面を
アピールする事を心掛けながら女性に接触し
女性と話しが合い
まぁ問題無くラインは返って来るだろうと
中々良い手応えを感じているとします。
 
この場合になりますが
女性は誠実なあなたに惹かれ連絡先を交換し
今後関係を築いていこうと考えているという事になります。
 
では、この場合に
ラインでのやりとりにシフトした時に
良い手応えを感じているからと言って
あなたがどんどん口説き落とそうと
ガッツいたとするとどうなるでしょうか。
 
はい。
いきなり積極的なキャラに変貌した事に
強い抵抗感を覚える事のが分かると思います。

 
リアルのあなたを見て
女性は連絡先を交換したのですから
あまりにキャラを違う様に感じさせるのはNGです。

 
そしてこれは、
リアルで交換した時の話しではありません。
 
ネットで連絡先を交換し
ラインでのやりとりの時は
テンション高めでユニークなあなたを演じていたとします。
 
そんなあなたに魅力を感じ、
女性と会う事になったとしましょう。
 
ただ、あなたは人見知りで
あまりリアルでの会話に慣れていない為に
大人しく真面目な感じで接してしまったとします。

 
はい。
真面目な人柄に魅力を感じて
あなたと会った訳では無いので
女性に良い印象を与えられないのが分かると思います。

 
勿論、ネガティブな印象であったものが
ポジティブな印象になるというように、
プラスのギャップに転じさせた場合は
良い方向に転ぶ事もあります。
 
しかし
リアルとラインで
連絡を取りたいと思ったあなたと
大きくキャラに違いを作ってしまうのは
非常に危険な所があります。

 
この事が原因で
脈なし状態に陥ったり
既読にならない事態を招いてしまいますから。
 
なので一度自分自身が
連絡先を交換した時に与えている印象と
大きく異なる印象を与えてしまっていないか
一度振り返ってみて下さい。
 
そこの違いを小さくするように取り組むことで
脈なし状態になる可能性を激減する事に
繋がるケースがありますから。

一気に脈なしにさせる定期的なルーチンメッセージ

 
次に
『一気に脈なしにさせる
 定期的なルーチンメッセージ』
こちら。
 
モテる男の要素の一つに
「マメさ」が挙げられます。
 
1度は耳にした事があると思いますが
このマメな男はモテるという話しを
間違った捉え方をしている事があります。
 
例えば、分かりやすい例を挙げると
『定期的な挨拶』です。

・おはよう
・いってきます
・今、休憩中
・ただいま
・おやすみ

このような挨拶メッセージ。
 
ハッキリ言います。
 
マメな男と、
毎日同じメッセージを送る男は、
まったく違います。

 
毎日のように同じ時間に
女性にLINEで送った場合
超高確率で苦手意識を持たれてしまいます。
 
あなたと女性との関係が恋人同士でないかぎり、
このようなルーチンメッセージは
相手の負担になるだけ。
 
個人的には、恋人同士でも
どちらかが先にラブラブな期間を抜け
そのルーチンメッセージがもとで
関係にヒビが入る事があるので
たとえ恋人同士でも送らない方が良いと言えます。
 
好意が有る、無いに関わらず
定期的なルーチンメッセージは
排除しておくべきなのです。

 
なぜなら
ルーチンメッセージはつまらないから。
 
そして、
ルーチンメッセージは何も生み出さないからです。
 
LINEで「おはよう」「おはよう」と
1年間繰り返しても2人の間には何も生まれません。
 
同時に、面白くもなんともありませんよね。
 
どんどん女性の中に
負の感情を芽生えさせるだけ。
 
唯一叶うのは、あなたの側で
「今日も◯◯ちゃんと絡めた」という
自己満足が残るだけです。

 
相手の気持ちを考えずに
自己満足な連絡をしている限り
確実に脈なしな状態に陥ります。
 
ただ勿論
「用がある時にLINEをしろ」とは言いません。
 
そういった事を言いたいのではなく

「女性を楽しませられる時に、LINEをすべきである」

という事です。
 
定期的なルーチンメッセージのやりとりが
あなたのラインに見つかった場合
早く女性を苦しみから解放してあげてください。
 
※モテ男閲覧禁止!
連絡で好感度を下げるなんて事とは無縁のモテ男に進化可能。
絶望的非モテ男が、秒速で激カワ女性とウハウハな日々をゲットした魔法のノウハウはコチラをクリック

既読にならない機会を減らすタイミング

 
次に
『既読にならない機会を増やすタイミング』
こちら。
 
私がまだ女性と連絡のやり取りを
十分に行えなかったレベルが激低だった頃。
 
私は、連絡先を交換した後に
連絡の取り方について試行錯誤を重ねました。
 
1通のメールの文章を作り上げる為に
ダメなとこはないかと
何度も何度も読み返しては直していました。
 
そして
女性から質問のメールが来た時は

・ベストの答えは何か
・誤字脱字はないか
・女性に伝わるのか

と考え、長い時なんかは
1通のメールを仕上げるのに
1時間もかかった事があります。
 
しかし、
内容ばかりに目を向けていても仕方ありません。
 
連絡を入れるタイミングも
やりとりを続ける上で重要なウェートを占めていますから。
 
簡単に言うと
忙しい時
暇な時
 
この二つで考えてみて下さい。
 
忙しい時に連絡を入れてくる人よりも
暇な時に連絡を入れてくる人の方が
良い印象を持ちますよね。

 
内容に何とも思わなかったとしても
忙しい時ばかり連絡があると
ストレスを感じるものですから。
 
ではどの様にして
暇な時となるフリータイムを突いてくのか。
 
それは、
これまでのやりとりを振り返り
返信の早い曜日・時間帯を調べる事です。

 
この時間帯はよくラリーが続いてるな
この時間帯によく返信があるな
この時間帯いつも返信が無いな
という事が見えてきて
フリータイムを導き出せますから。
 
そして
そもそもの話し
連絡のやりとりを開始した時から
いち早くフリータイムを導き出すように
取り組んでいく必要があるので
その方法についても解説しておきます。
 
まず、最初の段階では情報が無いので
一度目に返信があった時間。

 
ここを女性のフリータイムだと思って下さい。
 
そして、やりとりを続けていく中で
12時、15時、17時、19時、21時と
何パターンかの時間に分けて連絡を取り、
どのタイミングが返信率がいいかをテストするのです。
 
勿論昼間の仕事、夜の仕事、と
女性のライフスタイルによって
調べるパターンは変わる物ですが
数パターン調べる事で
きちんとしたフリータイムが導き出される事になります。
 
はい。
今面倒だと感じたところがあると思います。
 
多少の手間暇がかかりますから。
 
ただ、
既読にならないケースに多々陥る場合
その原因となる物を全て排除しない事には
有意義にラリーができる日々は訪れません。
 
その日々が訪れないのと、多少の手間暇をかける事の、
どちらを選択する事があなたにとって
良い日々を送れるのかは明白なことでしょう。

 
送るタイミングで不用意にストレスを与え
既読にならなかったり
脈なし状態にならないよう、
しっかりと取り組んでいきましょう。

返信が無い中での返信の催促

 
次に
『返信が無い中での返信の催促』
こちら。
 
女性に連絡を入れて中々返信が無いと
「なんで返信してくれないの?」と
切実に返信のリクエストを送ったり、
「返信してよw」と
冗談めかして言ったり、
構ってちゃん男性が居ますが、これはNGです。

 
かくゆう私もその様に送っていたタチなので
気持は分かります。
 
「あっ、ゴメンゴメン。
 待たせちゃったね~。」
こんなほんわかした感じになるのを
妄想していた男なのでよく分かります。
 
しかし、
このような『返信の催促』をされた女性が
どのように感じているのか。
 
仮に催促した相手が
あなたの彼女だったとしましょうか。

 
この場合であれば、
喜んで返信してくれますよ。
 
あなたの事が
大好きな訳ですから。
 
・・・
・・・
・・・
 
というのは嘘です。
 
彼氏だからといって、
彼女が従順とはかぎりません。
 
LINEの返信が来ない時に
彼女に催促した場合「うざい」と思います。
 
大多数の意見は彼氏であろうと
「うざい」なんですよ。

 
これが現実です。
 
彼女ですらこれです。
 
交際前の女性や、
女友達だったらどうでしょう。
 
はい、
想像がつきますよね。
 
つまり、
返信が来なかったLINEの催促は絶対してはいけない、
ということです。
 
ただ、
「催促して返信があったら・・・」と
食い下がりたくなる人もいるでしょう。
 
でもたとえ返信があっても
良いこととは言えないんですよ。

 
もっと言うと、催促後のやりとりが
たとえ満足させられるものであったとしてもです。

 
というのも、催促してやりとりを続けるのは

ウザいと負の感情を持っている中でやりとりをする

という訳です。
 
ということは
催促後にいくら楽しいやり取りであっても
その楽しさは、負の感情を持っていない時と比べると
激減するのは容易に理解出来ると思います。

 
であるなら、
催促をして連絡を再開させるより
一度間を空けて返信がなかったラインを無かった事にしてから
再スタートを切った方がいいことも
同時に理解出来ると思います。
 
つまり、返信が無い時は催促では無く
日を改めで再度連絡を入れるのが正解だという事。

 
返信が無い時は不安や焦る気持ちがあるので
催促したくなる気持ちは分かりますが

・そもそもウザくさせてしまう
・たとえやり取りに繋げられても良いとは言えない

という事を理解して、
必ずその気持ちを抑え込めるよう取り組んでいきましょう。
 
※モテ男閲覧禁止!
連絡で好感度を下げるなんて事とは無縁のモテ男に進化可能。
絶望的非モテ男が、秒速で激カワ女性とウハウハな日々をゲットした魔法のノウハウはコチラをクリック

自分のことを知って欲しい気持ちが強い自己満ラインはNG

 
次に
『自分のことを知って欲しい気持ちが強い
 自己満ラインはNG』
こちら。
 
女性とラインのやりとりをする際に、
「自分のことを知って欲しい」
この気持ちは誰しもがあると思います。
 
好きな人となると尚更
この気持ちは強くなります。
 
そして
あなたの事を知ってもらうのは
関係を築く上で必要な事なので
その気持ちに適したライン連絡を入れる事は
問題ではありません。
 
ラインでお互いの事を知り
思う存分仲良くなるキッカケを作って下さい。
 
ただ、その時に
一つだけ注意が必要です。
 
それは
『日記を書くこと』です。
 
「LINEに日記なんて書かないよ」と
思うかもしれませんが
実際に日記を書いている男はとても多いです。

・「今日は仕事で、、、があったんだ」
・「△△に行ってきたよ。思っていたより、、、」
・「最近寒くなってきた」

はい。
全部日記です。
 
ハッキリ言って、
こんな日記で喜ぶ女性はいません。
 
喜ぶのは、あなたのお母さんくらいです。
 
では、先程の日記ラインを
どう改善するのか。
 
それは
「相手に呼びかける」事を意識する事です。

 
たとえば

・今日は仕事で、、、があったんだけど、
 ◯◯ちゃんのとこは大丈夫?
・△△に行ってきたよ。
 ◯◯ちゃんは、行ったことある?
・最近寒くなってきたから、
 ◯◯ちゃんも外出る時は気をつけてね

相手への呼びかけがあるだけで
どれだけ返信しやすくなるものに変わるのか
一目瞭然です。
 
「自分のことを知って欲しい」と思っているので、
日記ラインを送っているのでしょうが
ラインを受け取る側に立って
考えてみてください。
 
女性があなたに対して持っている好意と同様に
あなたが相手の女性へ好意が無いと仮定してです。
 
心優しいあなたは
最初の2回くらいまでは付き合えるでしょうが
3回4回と続けば
既読無視している自分がいる事が
想像できるでしょう。
 
では、ラインに日記を書くのは
今後徹底的に排除できるように
取り組んでいきましょう。

ライン(メール)で脈なし状態に陥る3つのNG連絡

 
次に
『ライン(メール)で脈なし状態に陥る
 3つのNG連絡』
こちら。
 
3つのNG連絡を一気に解説します。
 
ズバリ

・一緒にいた時に言えなかった事を伝える
・重要な事を伝える
・ネガティブな事を伝える

この3つです。
 
まず一つ目の
『一緒にいた時に言えなかった事を伝える』から。
 
これは面と向かって言えない事を
文字連絡だと言いやすいから伝えてしまうということです。

 
男らしさの欠片も無く
魅力を一切感じる事ができないので
即座に排除しましょう。
 
次に二つ目の
『重要な事を伝える』です。
 
重要な事とは誤解されては困る
好意の気持ちとか謝罪とかです。
 
ラインは文字です。
文字に感情は見えにくいです。
 
非常に当たり前のことを言っていますが
言葉とは違い表情、トーン等の情報がないので
意図する事をきちんと伝えるのが難しいモノなのです。
 
簡単に言うと
あなたが好意的な事を伝えた際に
伝えたい気持ちよりも重く取られたり
軽く捉えられたりする危険性が非常に高いという事。

 
なので、誤解されたら困ると想定される事は
可能な限りラインでは伝えない様に取り組みましょう。
 
最後に三つ目の
『ネガティブな事を伝える』です。
 
ネガティブな事を伝えるのは
頼りないとか悪い印象を与える為に
そもそもの話しすべきでない事は分かると思います。
 
ただもっと深いんですよ。
 
ネガティブな事を伝えるというのは。
 
というのも、
ラインは文字としてデータが残ります。
 
つまり
「あなたと連絡のやり取りをしていた感情」では無く
「ナチュラルな精神状態」で見られる可能性があるという事。

 
その可能性があるとどうなるのか。
 
たとえばやり取りしている時は
その話しに入り込んでいる為に
あまり悪い印象を持たなかったが
数日経ってから改めて読み返すと
「えっ…こんなキモイ事言ってたの…」と
感じさせる危険性があるのです。

 
感情的にやりとりをしていたラインを
一度読み返してみて下さい。
 
どれ程に自分が痛い男なのか
ヒシヒシと伝わってきますから。
 
なので、
後から見返した時の事を想定しながら
連絡のやりとりをするように取り組んでいきましょう。

まとめ

 
ライン(メール)で脈なし状態に陥る
既読にならない恐れも潜むNG連絡を
いくつか取り上げ解説しましたが、
どれか一つでも当て嵌まっていた場合、
ライン以外の接触で脈なしにしてしまった訳では無く
ラインの接触から脈なしにしてしまった可能性が生まれます。
 
なので、たとえ一つだったとしても
必ず排除するように取り組んでいきましょう。

千人を超えるモテない男に
彼女を作り続けて来たアノ男が
プレゼントをバラ撒き中!
※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)
↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

購入者特典


当サイトでの恋愛商材の購入には
恋愛コンサルタントならではの
他のサイトでは手にできない
強烈なオリジナル特典
が付いています。
【特典の詳細はコチラ】

レビュー一覧



当サイトレビュー商材一覧は、
以下よりご確認ください。
レビュー商材一覧はコチラ

評価別レビュー一覧

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク