年上女性の落とし方でコレだけは確実に抑えなければならないテク

年上女性の落とし方でコレだけは確実に抑えなければならないテクとは?

 
tosiue-otosikata
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今回は
『年上女性の落とし方でコレだけは
 確実に抑えなければならないテク』として
【母性本能のくすぐり方】を徹底解説します。
 
母性本能をくすぐるテクニックは
年上女性を脈ありにして、
口説き落とす上で決して欠かせません。
 
具体的な数値を弾き出してはいませんが
母性本能をくすぐらない場合
口説き落とす確率は
軽く半分くらいに下がると言っても
過言では無いです。
 
まぁ年上女性の母性本能をくすぐるのが
効果的だという事は
広く知れ渡っているので
あなたも既に理解しているかも知れません。
 
では、そんなあなたに
一つ質問です。
 
子供っぽい部分を見せるのが
母性本能をくするぐるということになりますが
 
たとえば
たんに「子供だね~。」と
結局子供扱いされるだけに終わる経験は
無かったでしょうか

 
一度でもあるとするなら
相当危険。
 
それは母性本能をくすぐり方を
本質から理解していない証拠となり
狙っている年上女性を
口説き落とせない可能性が非常に高いから

 
現在狙っている女性を落とせない可能性が高いとは
危険以外の何でもないですよね。
 
ただ、私のコンサル経験から言うと
失敗があるのは珍しくないです。
 
広く知れ渡っている割に
実際使いこなせていない人が
多かったからです。
 
しかしながら
珍しくないからOKかというと
それは別。
 
きっとあなたは
確実に落としたい筈ですから。
 
本質から理解した暁には
一度たりとも失敗はしなくなります。
 
なので、
今回は母性本能をくすぐったにも関わらず
全く効果を引き出せない人の為に
「母性本能をくすぐる」に特化して
お話しをするので、どうぞ参考にしてください。
 
なお、本記事は
『母性本能をくすぐる』に
特化した記事になりますが
別の記事で、
年上女性への初期段階のアプローチから
口説き落とすまでの一連のアプローチを
徹底解説しています。
 
そして
この解説が本当に強烈。
 
実際に参考にしたことから
年上女性を口説き落とした人がいるのは
当然のことですが、
 
これ程までに
突き詰めた戦略が構築されているのを
目にした事がないから。
 
自分で言うのもなんですけどね。
 
無料ブログで
「ここまで明かすの?」と驚く事は
間違いないです

 
あなたが
口説き落とすのに役立つのは
間違いないです

 
なので
本記事閲覧後に、
確実にご覧頂く事をオススメします。
(先でも良いですが…)
 
⇒ 年上女性にアプローチして高確率で口説き落とす最強の5ステップ戦略はコチラ
 
それではあなたが
どちらからご覧頂くのか分かりませんが
 
ここから
母性本能のくすぐり方の解説に
入ります。
 

年上女性を口説き落とす武器を使用する鉄則

 
まず
『年上女性を口説き落とす武器を
 使用する鉄則』
こちらから。
 
母性本能をくすぐるには

・甘える
・子供っぽい部分を見せる

基本的に
この二つの要素を抑える必要があります。
 
この事は
何となく分かっている人は多いでしょう。
 
ただそこまでの認識では足りない。
 
単にこの要素を抑えただけで
母性本能をくすぐることから
効果は出ないから。
 
というのも、そもそもの話し
年上女性の目には
あなたのことが
「わがままで甘えたなんだろうな」
「子供っぽいなぁ」
 
この様に写っているのです。
 
このことに
抗う事はできません。
 
年下なので仕方ないです。
 
ではその中で
「甘える」を発動させたとします。
 
ズバリ
「甘えたそうな人が甘えた」となり
「やっぱりわがままで面倒」と
そのまま捉えます。

 
最悪の場合
そもそも持たれているイメージに
拍車がかかり
「なにこの男。
 ドがつくほど頼りないじゃん。」
と効果を引き出せないだけでなく、
口説き落とすのとは
真逆の方向へと向かってしまいます。

 
なので、まず

『母性本能をくすぐるアクションを
 起こせばいいという訳ではない』

この事を認識すること。
 
では、
どの様にすれば効果を引き出せるのか。
 
あなたにとっては
ここが重要な訳です。
 
それは
『ギャップ』です。
 
具体的には
 
『頼り無さそうで
 甘えたなイメージがある年下君が
 ⇒弱い部分を見せて甘える』ではなく

 
『頼りがいがあって
 弱さを見せない年下君が
 ⇒弱い部分を見せて甘えてくる』

 
この場合に効果が引き出すのが可能です。
 
『頼りがいがある反面、
 自分だけに弱い一面を見せられた』
この様にギャップを生むのが
母性本能をくすぐり効果を引き出す
絶対条件です。

 
いつもとは違うというギャップがあってこそ
そこで初めて年上女性の感情が揺さぶられます。
 
そして『私が支えなきゃ』と
本能的な衝動に駆られ
恋に落ちるキッカケを与える目的を達成できます。
 
ということは
つまり、
 
母性本能をくすぐることから効果を引き出す
前提条件として必然的に
・上に見られている必要がある
ということが挙がります。
 
『上に見ている人(頼りのある人)』が
『下に見える(甘えた)』というギャップを
駆使する訳ですから。
 
上に見られているからこそ、
そこからギャップが生まれ
 
「え~。
 そんな可愛い(子供っぽい)一面あったんだ」
と、母性本能がくすぐられる事になります。
 
なお
年齢と言うところから
下に見られやすい年下君が
「どう上にみられるのか」については
 
冒頭でお伝えした
一連のアプローチで解説しているので
そちらを参考にしてください。
⇒ 年上女性にアプローチして高確率で口説き落とす最強の5ステップ戦略はコチラ
 
ここまでの話しを一旦纏めます。

・『母性本能をくすぐるアクションを
  起こせばいいという訳ではない』
・『母性本能をくすぐるには
  ギャップを作り出す必要がある』
・『上に見られている必要がある』

この3点を
まず理解すること。
 

年上女性を口説き落とす武器を使用する流れ

 
tosiue-otosikata
 
次に
『年上女性を口説き落とす武器を
 使用する流れ』
こちら。
 
先程の話しで、
ギャップを作り出す必要があるのは
理解されました。
 
という事は母性本能をくすぐるのに
「甘える」を使用すると考える場合
最初に「頼りがいのある男」の
印象を付ける必要があります。

 
その印象を付けられなければ
ギャップを生み出すのに至りませんから。
 
なので現状

・女性といる時に決断が出来ない
 優柔不断な態度をとっている
・奥手で女性にアプローチが出来ず
 自信の無い態度をとっている
・ネガティブな発言をし、
 女性に弱々しいイメージを付けている

この様な点がある場合
排除する取り組みを行うこと。
 
ちなみに年上女性が年下男性に対して
・わがままで甘えたなんだろうな
・子供っぽいなぁ
 
この様に見ているとお話ししました。
 
勿論この点も取り除き
同年代の男性や年上男性のように
見られる様に取り組む必要はあります。
 
ただその点については
一連の流れの記事で解説しているので
そちらより参考にしてください。
 
では、頼りがいのある印象が付いた際に
どのようにギャップを生むのか。
 
次の通りです。

昨日上司に任されてた仕事で
ミスしちゃったんだよね。
だから、ちょっとへこんでるんだよね。
あ~。明日仕事休みたいな

この様に弱いとこを見せ甘えます。
 
ポイントとしては
『重すぎない弱音を吐く』です。
 
重すぎると、
「私が支えなきゃ」ではなく
「私じゃ支えられない」と
意図する状態に持ち込めないからです。

 
ここ重要です。
 
そして、
伝え方とは別に
ポイントがもう一つ。
 
『極まれに見せる』です。
 
一度母性本能をくすぐることから
効果を引き出せたとしても
 
繰り返し何度も弱さを見せていると
情けないとか、
頼りないと言った印象を与えすぎてしまい
母性本能をくすぐるアクションが
機能しない状態へ逆戻りします。
 
なので
『基本的に頼りがいのある男を演じる中で
 稀に弱い部分を見せる』
を抑え、継続して母性本能をくすぐれるように
取り組むこと。

 

年上女性を口説き落とす武器の種類

 
次に
『年上女性を口説き落とす武器の種類』
こちら。
 
ここまで
「弱さを見せ甘える」をメインに
母性本能をくすぐるアプローチについて
解説をしました。
 
ただ、母性本能をくすぐるのには
この他にも
いくつかのアプローチ方法が存在します。
 
それらのアプローチを
ここから解説しますが
どのアプローチをあなたが使用するのかは
既にお話しした通り「ギャップを意識する事」。
 
あなたが
『年上女性に対して
 どの様な印象を与えているのかで
 起こすアクションが変わる』ということです。
 
具体的には以下の様な感じ。
 
■種類1

・前提として与える必要がある印象
⇒客観的に物事を話す
・くすぐる方法(ギャップを生むところ)
⇒夢・目標を熱く語る
・くすぐる具体例
⇒仕事でいつかは○○したいと話す。
・効果
⇒少年のようにキラキラ輝いているように見え
 母性本能をくすぐられる

 
■種類2

・前提として与える必要がある印象
⇒大人っぽい印象
・くすぐる方法(ギャップを生むところ)
⇒無邪気・あどけなさを見せる
・くすぐる具体例
⇒仕事で上手くいった時に喜びを全面的に出したり
 ご飯を満面の笑みでおいしそうに食べる
・効果
⇒健気な一面に母性本能がくすぐられる

 
■種類3

・前提として与える必要がある印象
⇒何事にも動じない印象
・くすぐる方法(ギャップを生むところ)
⇒我慢している姿を見せる
・くすぐる具体例
⇒少し無謀であると言われるものにチャレンジし
 耐えているサマを感じさせながら取り組む
・効果
⇒切ない衝動にかられ守ってあげないと、
 母性本能がくすぐられる

 
■種類4

・前提として与える必要がある印象
⇒要領がよくそつがない
・くすぐる方法(ギャップを生むところ)
⇒一生懸命な姿を見せる
・くすぐる具体例
⇒仕事で「それは大変だね」と言われる点があった際に
 実際そうであってもなくても
 必死に取り組み頑張る姿を見せる
・効果
⇒支えてあげたい癒してあげたいと
 母性本能がくすぐられる

 
『見せていない』を前提条件に
ギャップを生もうと取り組むことです。
 
種類1「夢・目標を熱く語る」の
くすぐる方法を使用する場合でいうと
 
あまり必死になれるものがなく
向上心が無いような印象を与える。
 
この場合に
『夢や目標を熱く語る』が
効果的な母性本能のくすぐり方となる訳ですが
 
いつも冷めきった感じがある中で
夢や目標を熱く語り
少年の様にキラキラした輝きを見せ
母性本能をくすぐるのです。
 
OKですね。
 
なお。
「そんなに簡単にギャップを生み出せないよ」と
思うかもしれません。
 
ただ、
誰でも問題無く取り組めます。
 
なぜなら
「母性本能をくすぐれる部分を
 わざと隠しておき
 機が熟した時の為にとっておく」
この通りに動けば、
誰でもギャップを生み出せるから。
 
具体的には
「夢・目標を熱く語る」の
くすぐる方法を使用する場合は
 
『母性本能をくすぐるテクニックを
 使用するタイミングが来るまでは
 夢や目標があっても
 伝えない、熱く語らない』
ように取り組むということ。
 
「アプローチ最初段階から、
 最後までのアプローチを意識しておくこと」により
しっかりと作り出せるので
このことを忘れないことです。

まとめ

 
今回は
『年上女性の落とし方でコレだけは
 確実に抑えなければならないテク』をテーマに
年上女性を落とすのに有効な
【母性本能のくすぐり方】をピックアップし

・『年上女性を口説き落とす武器を使用する鉄則』
・『年上女性を口説き落とす武器を使用する流れ』
・『年上女性を口説き落とす武器の種類』

を紹介しました。
 
それぞれ参考にして
確実に母性本能をくすぐり倒して下さい。
 
なお何度かお伝えした通り
別で年上女性への初期段階のアプローチから
口説き落とすまでの一連のアプローチを
紹介しています。
 
年上女性を口説き落とすアプローチ方法を
ガッツリ知りたい場合
そちらも参考にしてください。
⇒ 年上女性にアプローチして高確率で口説き落とす5ステップ戦略はコチラ
 

千人を超えるモテない男に
彼女を作り続けて来たアノ男が
プレゼントをバラ撒き中!
※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)
↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

購入者特典


当サイトでの恋愛商材の購入には
恋愛コンサルタントならではの
他のサイトでは手にできない
強烈なオリジナル特典
が付いています。
【特典の詳細はコチラ】

レビュー一覧



当サイトレビュー商材一覧は、
以下よりご確認ください。
レビュー商材一覧はコチラ

評価別レビュー一覧

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク