付き合う前の2回目のデートで好きな人を脈あり状態へ導くデートテク

付き合う前の2回目のデートで好きな人を脈あり状態へ導くデートテクとは?

 
nikaime-date
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今回は
『付き合う前の2回目のデートで
 好きな人を脈あり状態へ導くデートテク』
こちらをテーマにお話します。
 
あなたが付き合う前の
2回目のデートを目の前にしているとするなら
失敗したらどうしようと不安に襲われている
どうすれば成功するのか戦略を模索している
こういった状況にあるかも知れません。
 
ただ、正直申し上げて
それも本記事に訪れるまでの話しです。
 
なぜなら、本記事では
2回目のデートについて徹底解説しており
そのデート戦略は多くの悩める男達を救ってきた
デート戦略であるからです

 
私然り、コンサル生も
このデート戦略により
女性を脈ありへと導くことに成功しているので
期待を持って読み進めてください。
 
なお具体的なお話しに入る前に
一つだけお話ししたいことがあります。
 
あなたがどうなのかは分かりませんが
たまに「2回目のデートに繋げている中で
 女性が脈ありなのか」と
質問を受けることがあります

 
この質問になりますがハッキリ言って
2回目のデートに繋げている限り
全く脈がないということはそうありません。
 
これは断言できます。
 
なぜか。
 
というのも、
付き合う前の1回目のデートとなると
あなたがどんな男性なのか
分からないケースがほとんどであり
その為「どんな人なんだろう」と
興味本位程度でデートするのが可能なのです。
 
勿論恋愛対象外では不可能です。
 
ただお試し感覚でもデートが可能となる
ハードルの低さです。
 
それが付き合う前の
1回目のデートというものです。
 
しかし付き合う前の2回目のデートとなると
状況は一変します。
 
「どんな人なんだろ」という部分は
ある程度はっきりしている為に
お試しなんて軽い程度のハードルではありません。
 
1回目のデートで
『デートする価値があると
 判断されている』からこそ
2回目のデートに繋がっているのです。

 
なので脈がないというケースは
そう無いのです。
 
そして、付き合える可能性を
大いに秘めています。
 
ただ、その可能性は
あくまでも2回目のデートの
約束を取り付けた段階の話し。
 
2回目のデート次第で
その可能性が高まるか
消滅に近づいていくのか、と
付き合える可能性は大きく変わってきます。
 
そして、
・その可能性を高めるか
・若しくは最低でも現状維持
となれば、3回目のデートへ突入です。
 
現状維持ができないと
3回目のデートが無いことは多いです。
 
なぜなら
1回目より2回目の方が
デートする価値が無いなと思せると
女性はまた会おうとは考えないですから。

 
ということはつまり、
2回目のデートで脈ありに導けば
3回目のデートに繋がらない事態に陥らないので
本記事を参考にして頂ければ
3回目のデートに繋げることがが
可能になるということです。
 
それではこれより、
あなたを3回目のデートに導けるよう
2回目のデートを

どの様組み立てれば脈ありになるのか
具体的な解説に入ります。
 
なお、脈があるとお伝えしましたが
今お話ししたことだけでは
不安なところがあるのも確かです

 
その際は脈ありか脈なしかを
高確率で判断出来る術を
別記事で紹介しているので
そちらを参考にしてください。
 
その脈あり判断方法を駆使すれば
まず読み違えることは無いですから。
⇒ 脈ありを完璧に見抜く方法はコチラ
※ちなみに記事最下部にも
 脈あり判断方法を用意しておきます。

付き合う前の2回目デートの場所設定方法

 
nikaime-date
 
まず
『付き合う前の2回目デートの場所設定方法』
こちらから解説をします。
 
デートの場所というのは、
脈あり状態へ導く為に重要な役割を担います。
 
理由は
デートの場所が
 お目当ての女性にフィットしていれば
 その分脈あり度合いは高くなる

 
デートの場所次第で
 あなたの魅力が大きく伝わる

 
こういった理由からです。
 
なので、

・可能な限り女性にフィットさせる
・あなたの魅力が最大限伝えわる

ココにフォーカスを当てた
デート場所の設定方法を解説するので
どうぞ参考にして下さい。
 
 
■付き合う前の2回目デートの
 場所設定方法1
 
一つ目の2回目デートの場所設定方法として
『密着度が高い』です。
 
デートでは
女性を「楽しませるだけ」では
男として見てもらうことは不可能です。
 
そして
これは恋愛において
致命的と言えます。
 
なぜなら
付き合った後は別として
付き合う前のデートで
楽しむのだけにフォーカスをあててしまうと、
行き着く果てはただの友達だからです。
 

・印象に残らないただの男
・特別ではないただの男
・魅力が無いただの男

女性の中で
脈ありとは正反対の男として
あなたは存在する事ということです。
 
百歩引いて1回目のデートでは
楽しむだけでも良しと言えます。
 
関係が進展しないと
3回目のデートに繋がらない恐れのある
脈ありへと導かなければいけない
2回目のデートでは問題外です。
 
女性にドキッとさせる瞬間を生み出し
胸がときめくシチュエーションを作りだせる
そんなデートの場所を設定するのが鉄則になります。

 
なので、
後の解説、場所設定方法3で
1回目のデートでの情報収集、
or連絡の中での情報収集について触れますが
 
その情報を元に
ピックアップされたデートスポットの中から
密着度を意識して2回目のデートの場所を絞って下さい。

 
そして、自然と相手に触れる事ができ
それに併せて一緒に物事を行える環境であれば
最高です。
 
具体的には
『密着度+共同作業』ということです。
 
これは女性が
かなり異性として意識します。
 
仮に
・アウトドア好きな女性
・バーベキューに興味がある
こういったタイプの女性だとします。
 
この場合私であれば
テラス席でバーベキューができ
お酒が飲めるカウンター席がある
お店に絞ります。
 
勿論住んでいる地域によっては
どちらも抑えるのは
難しい場合もありますが
2回目のデートの場所設定では
可能な限り『密着度+共同作業』に
フォーカスをあてて絞って下さい。
 
ちなみに、
もしあなたが『密着度+共同作業』を
抑えることができない場合。
 
その場合は
『密着度+暗いお店』に
デートの場所を絞って下さい。

 
例えばダーツバーとか映画館などです。
 
ただ、場所設定1において
注意点が二つあります。
 
一つ目の注意点として
「映画館」を選んだ際の注意点です。
 
映画館と言う場所は
どうしても会話量が少なくなります。
 
つまり関係を築くのが困難となり
イコール、脈ありの度合いを強めるのが
困難だという事です。
 
なので映画館のように
会話の少ない場所が選ばれた時は
次の事を抑えてください。
 
「映画(会話量が少ない場所)+○○(会話ができる場所)」と
会話量が少ない場所【のみ】にならない、です。

 
これは鉄則となります。
 
次に二つ目の注意点として
「密着度」に関してです。
 
密着度における注意点は
「臆せず、紳士的に振る舞う」です。
 
これも本当に重要になります。
 
というのも
女性との距離感が近いという事で

・緊張からシドロモドロになり
 男らしくない部分が顔を覗かせる
・恥じらって緊張してしまい
 面倒臭い部分が顔を覗かせる
・気持ちの高ぶりが押さえられず
 スケベな部分が顔を覗かせる

特に恋愛経験が少ない
「女性への免疫が弱い」と
このようになることは珍しくないです。
 
実際過去の私もそうでした…。
 
ただそれでは女性は怖くて不安を覚え
逆の意味でドキドキします。
 
なので、
もしもあなたが臆する心配があるなら
あくまでも自然と立ち振る舞い
女性をエスコートすることを心掛けて下さい。
 
 
■付き合う前の2回目デートの
 場所設定方法2
 
二つ目の2回目デートの場所設定方法として
『下見が可能な場所』です。
 
余程デート慣れしていなく
エスコートに自信がないのであれば下見は必須です。
 
というのも
下見をしていなければ
・女性を楽しませる為の会話
・魅力的な男性だと感じさせる気遣い
この様なアクションに徹する事ができず
色々な事に手を取られてしまうことがあります。
 
また、やはり
行ったことがある場所と
行ったことがない場所となると

・ここで○○してあげたらポイント高いな
・待たせる事が無いよう
 あっちから行った方がいいな
・13時に行ったら人が多くて楽しめないし
 すいてる15時くらいに行った方がいいな
・手前の席だと寒くてうるさいし
 奥の席で予約しておいた方がいいな
・お手洗いとか行けるよう
 この道で行った方がいいな

この様に
発揮されるエスコート力が全く異なり
女性に「またデートしたい」と思わせるのに
大きな違いが生まれます。
 
つまり、
・無駄な事に力を注がなくていい
・評価を下げるのを防ぐことができる
 
と、全神経を
脈あり状態へ持ち込むのに注ぐために
下見が大きな鍵を握るという事です。
 
仮にデート場所に挙がった所が
行ったことがない場所だとした際は
脈ありへと導く結果を掴む為に
下見することを参考にして下さい。
 
ちなみに
「場所によっては下見ができない」
と考えるかも知れませんが
思考を変える事をオススメします。
 
『下見が出来る場所』から
デートの場所を絞り込むのです。
 
あなたが本当にデート慣れしていなく
エスコート力が無いとするなら
下見を行う事から補えることは多くあり
その分次のデートへ繋がる可能性が
大幅に高くなるので、参考にして下さい。
 

■付き合う前の2回目デートの
 場所設定方法3
 
三つ目の2回目デートの場所設定方法として
『1回目のデートで情報収集』です。
 
なお、一回目のデートが終えている際は
「手遅れ」と思うかもしれませんが
決してそんなことはありません。
 
ただそこの話しは後で詳しく触れるとして
取り敢えず、先にポイント解説からします。
 
このポイントは
お目当ての女性にフィットさせるにあたり
特に重要なポイントになります。
 
1回目のデートで
会話を楽しませる部分は楽しませ
その中でしっかりと情報収集を行う必要があります。
 
例えば

・よく友人と遊びにいくところ
・好きな食べ物、嫌いな食べ物
・ハマっているもの、趣味
・行きたいけど仕事の都合などで
 全くいけてない所
・興味のあること
etc…etc…

2回目のデートで脈ありに導く為に
この様な情報収集を行ってください。
 
意識的に情報収集を行おうとしなければ
全くデート場所の判断材料を得てない状態で
設定しなければいけないという
致命的な状況に立たされるので
最低でも例にあげたような情報を
5つくらいは集まるように動いてください。
 
なお、
デートの場所を設定する際に
次のような意識を持ち
場所を設定しようとする男が居ます。

・オススメのデートスポットが
 掲載されている雑誌
・これまで女性ウケが良かった
 デートスポット
・あなたが楽しませられると自信のある
 デートスポット

ただこれはNGです。
 
これらのものは
2回目のデートの場所を設定するにあたり
決して判断材料に含まないことです。
 
なぜなら
あなたが連れて行きたい場所では無く
女性が行きたい場所に設定するのが
デート成功の鉄則だからです。

 
あなたが連れて行きたい場所となる
多くの人に人気があるスポット
他の女性が気に入ったスポット
あなたのホームグランドとなるスポット
これらのデートの場所が
女性にフィットしないことはよくあるので
「それぞれの女性で行きたい所を導き出す」ことを
常に意識に持っておいて下さい。
 
その方が間違いなく
「ツマラナイ・・・」と
ハズすことは無いですから。
 
また、外さないとは別で
女性の行きたい所に設定できるのは
非常に心強いところがあります。
 
それは
「あなただけが女性を楽しませるのではなく
 デートスポット自体が女性を楽しませる」という
 
デートを楽しませることにおいて
あなたに併せてプラスα要素があるのです。
 
なので
1回目のデートでは楽しむこととは別で
2回目のデート成功の為に情報収集につとめ、
その材料から2回目のデート場所を設定できるよう
進めて下さい。
 
では、次に
1回目のデートを終えているケースについて
解説を続けます。
 
このケースの場合
連絡の中で情報収集するしかありません。
 
そしてその収集方法に関しては
下記の記事「初デートで失敗しない場所設定方法」の
・成功する初デートの場所を女性から聞き出す方法
の所で徹底的に解説しているので
そちらを参考にしてください。
 
⇒ 初デートで失敗しない場所設定方法はコチラ
 
それでは場所においての解説は以上ですが
情報収集において紹介した記事も抑えることで
より脈ありに持ち込む可能性は高まります。
 
徹底的に成功率を高めたいなら
どうぞ後でご覧ください。
 
では次の
『2回目のデート中に
 脈あり状態へ導く会話とアクション』の解説に
引き続き入ります。
 

2回目のデート中に脈あり状態へ導く会話とアクション

 
nikaime-date
 
2回目のデートで
脈あり状態へ導く会話とアクションとは
「軽く好意を感じさせる会話」と
「スキンシップ」です。

 
付き合う前の2回目のデートで
どちら共に必須だと認識しておいて下さい。
 
どちらかが欠けた時点で
3回目のデートへ繋げられるかは別として
恋愛感情を抱かせるに至らないです。

 
なぜなら、
理由は至ってシンプルですが
一度も触れた事が無い人に対して
 男性として意識することはそうないから

好意を伝えて来ない人に対して
 感情が動かされることはそうないから

この通りだからです。
 
ではここから
脈あり状態へ導くのに必須となる
「軽く好意を感じさせる会話」と
「スキンシップ」について
それぞれ具体的に解説します。
 
■2回目のデートで脈あり状態へ導く会話
 
先に軽く好意を感じさせる会話から
お話しをします。
 
まずなぜ好意を感じさせる会話をするのか、関して
簡単にお話ししますが
女性を振り向かせるのには
好意を伝える事が欠かせません。
 
真面目な男性は
「好意がバレて、避けられたらいけないし」と
自重してしまうところがありますが
好意を感じさせる言葉は必須です。
 
なぜか。
 
それは、好意を伝えないと
女性が好意を抱くキッカケが無いからです。
 
簡単にイメージできる
シチュエーションとしては
「全く女として意識してなかったけど
 告白されてから気になり始めて
 今では俺の方が好きになっちゃった。」
こういうシチュエーションがそうです。
 
脈ありに導くためのキッカケとして
【好意を伝える】ことは必要となります。
 
ただこの段階で
好意を強く伝えるのはNGとなります。
 
というのも
2回目のデートで脈ありに導くということは
この段階では好意レベルは高くないということですが
その中で次のような言葉を女性に伝えたとします。

「○○ちゃんとずっと居たいな」

このように
少し重たさのある言葉です。
 
この場合、
私そこまでの気持ちじゃなく
 全くそんなつもりじゃないんだけど
 (重い・面倒)

この様に女性が考え
距離を置かれるケースが大半です。
 
なぜなら
女性と関係を築く際は
女性がコチラに対して持つ好意レベルと
かけ離れた行動を起こすのは
絶対的にNGになるからです。

 
・相手が先に惚れたケース
・男としての好感度が高いケース
なら、多くの好意を伝える(どんどん押す)のも
効果的なところはあるので話しは別ですが
 
あまり男としての好感度が高く無く
コチラが惚れさせようとするケースでは
99%失敗します。
 
そのケースでは
持つべき感覚的なイメージとしては
1歩2歩リードする程度でアクションを起こし
女性の好意レベルが1歩2歩程度高まれば
また1歩2歩リードして引き上げていく、
こんなイメージを持つと良いです。
 
つまり、1歩2歩という
女性が受け入れられる許容範囲内の中で
アクションを起こすということ。
 
女性の気持ちを完全に無視し
自分の気持ちだけで先走ってしまうのは
このケースでは致命的なミスを招く
非常に稚拙なアクションになるので
覚えておいて下さい。
 
では、脈ありに導く段階では
具体的にどう軽く好意を感じさせる会話をするのか。
 
例えば
以下のような褒め方が
軽く好意を感じさせる会話を指します。
 
女性が気遣いや心遣いを見せた時。

「ヤバい、今のヤバい。
 その気遣い惚れてもたかもw

 
女性が遊びにいった場所の話しをした場合

♀「前ね○○行ってきたんだ~」
♂「あぁ、行くって言ってたね。
  どうだった?俺と行きたいって思った^^
  行きたいなら予定空けるけど
  どうする?

女性が写っている写メを見せてきた場合。

♀「見て先週海行ってきたんだ」
♂「めっちゃ綺麗じゃん。」
♀「でしょ、ホント良かったよ。」
♂「いいなぁ。ほんと綺麗だもんね。
  ○○ちゃん。」
♀「いやいや、海だよw」

こんな会話です。
 
ただこの例を見て
「こんな好意の伝え方じゃ
 遊んでそうって思われるんじゃないの?」
と少し不安になるかも知れません。
 
確かに
遊んでそうって思われるかもしれません。
少々チャラい印象を与えるのは確かです。
 
ただ脈ありに導こうという段階では
その様に思われるくらいが
丁度いいのです。
 
むしろ
それを狙っています。
 
なぜなら、
この好意を伝える目的は
女性が

・冗談と分かっていながらも嬉しい。
・本気じゃないけど、
 ただ好意があるのは伝わって来る。

ここを目指しているからです。
 
女性に重たさを感じさせずに
軽い好意を伝えるには
「誰にでも言ってるんでしょ」といった
反応が出るくらいがベストということです。

 
脈ありと確信できる状態で無い限り
好意が強く伝わる言葉はNGとなるので
例に挙げた好意の伝え方を2回目のデートに含み
脈ありに導けるよう参考にして下さい。
 
 
■2回目のデートで脈あり状態へ導くアクション
 
次に2回目のデートで脈あり状態へ導くアクション
スキンシップについて解説をします。
 
スキンシップは大きく分けて
手をつなぐ、ハグ、キス、セックス
こちらの4つのアクションに分かれます。
 
そして詳しくは後で解説をしますが
女性を振り向かせたいなら
「ダラダラとデート回数を重ねるのではなく
 少ないデート回数で勝負を仕掛ける」ことが
重要となります。
 
全てのスキンシップをクリアするのに
多くとも3回くらいが理想です。
 
そして3回目のデートで
勝負をかける状態を作るには
2回目のデートで次の段階まで
スキンシップを成立させた方が良いと言えます。
 
最低でも手をつなぐ
できればハグをする、です。

 
このことを抑えたことから
3回目のデートで口説き落せる人が
多くいるからです。
 
なので、手を繋ぐか
ハグをするアクションを起こすのですが
ただ、スキンシップの進め方に関しては
別の記事で解説しています。
 
なので本記事では
スキンシップに対して
具体的な解説はしませんので
具体的なアクションの起こし方は
下記の記事を参考にしてください。
⇒ スキンシップ最強手順はコチラ
 
 
では次の
『2回目のデートで
 恋愛感情を芽生えさせる一手』の解説に
引き続き入ります。
 
※モテ男閲覧禁止!
付き合う前のデート如きのちっぽけな悩みとは無縁のモテ男に進化可能。絶望的非モテ男が、秒速で激カワ女性とウハウハな日々をゲットした、魔法のノウハウはコチラ

2回目のデートで恋愛感情を芽生えさせる一手

恋愛感情を芽生えさせる一手とは、
2回目のデートの別れ際に
強く好意を感じるセリフを伝えることです。

 
なお先程も言った通り
女性の好意レベルが高まっていない中で
強く好意が感じるセリフを伝えるのはNGとなるので
2回目のデートを終える段階でも
まだ好意レベルが高まっていないと手応えが無い場合は
使用不可になるので、その通り読み進めて下さい。
 
では、
2回目のデートの別れ際に仕掛ける
恋愛感情を芽ばえさせる一手は
少し抑える点が多いので
一つ一つ丁寧に解説します。
 
まず何故、
別れ際なのかという点から。
 
この点に関しては
仮にデート序盤に

「○○ちゃんと遊んでると
 ホントに楽しいよ。
 ○○ちゃんは、
 やっぱいい子だったね」

この様な言葉を伝えたとして下さい。
 
伝えた時点では好意が強く伝わります。
 
ドキッと感情が動く事だってあります。
 
ただしこの会話をした後に
色々な所に行って、
色々な会話をするとします。
 
そして、
「楽しかったよ。
 また遊ぼうね。バイバイ」と
2回目のデートを終えたとして下さい。
 
するとどうなるのか。
 
ズバリ
せっかく動かした感情が
デートが終わるころには
正常に戻るのがオチです。

 
勿論言われたこと自体は
記憶には残っています。
 
ただ
そのセリフを思い出した際に
感情を動かす度合いは
非常に弱くなるのです。

 
少しお話ししている事の
意味が分かりずらいかもしれないので
比較対象として「別れ際に伝える」を
解説します。
 
まずデート序盤から終盤まで
色々な所に行って
色々な会話をします。
 
そして解散の時に

「○○ちゃんと遊んでると
 ホントに楽しいよ。
 ○○ちゃんは、
 やっぱいい子だったね」

この様に伝え解散するとして下さい。
 
そうなると、女性は
解散後にデートで色々な所にいったことや
色々な会話をした事では無く
記憶として一番新しい
好意のセリフについて考えます。

 
えっ。楽しいって思っててくれたんだ」
やっぱ、って
 前からそう思ってたって事?

 
この様に
妄想を巡らせることになるということ。
 
そして、デート序盤になると
「伝えられたことの真相」を
その後の言動や行動から答え合わせできますが
別れ際となると
好意の言葉を持ち帰るしかありません。
 
そうなると
相手はいないので
頭の中で妄想するしかないです。
 
しかしながら妄想しても
結局妄想でしかないので
デート中に伝えた時の様に
言動や行動から答え合わせができ
腑に落とせません。
 
ただの妄想ですから。
 
つまりデート中では無く
解散後に伝える事により
・妄想する
・考える
・疑問が残りモヤモヤする
この要因が生まれるという事。
 
そしてこれらの要因は
恋愛感情を芽生えさせるのに直結するのに
絶大な効果が生まれます。
 
なので別れ際に伝えるのです。
 
序盤や中盤とデート中に伝えるのと
デートの解散時に伝えるのとでは
好意を伝えた事に対する
女性の感情の動き、妄想具合は
大きく異なるのでどうぞ参考にして下さい。

 
では別れ際に
どう伝えるのかを解説します。
 
まず、可能な限り
別れ際に近づける必要があるので
そのシチュエーションを作り出さなければいけません。
 
例えば

「○○ちゃんと遊んでると
 ホントに楽しいよ。
 ○○ちゃんはやっぱいい子だったね。
 あっ、電車時間無いから行かなきゃ。
 また連絡するね~」

この様に、電車を理由に
その場を直ぐ去れるシチュエーションを作るのは
一つの手です。

 
この様な理由付けをすれば
「えっ待ってよ。やっぱってどういう意味??」と
伝えられたことに対して
言及する女性はそういないからです。
 
例を参考に友達待たしてるから、等
なんでも構わないので
言及されない理由付けをして
その場を去るようにして下さい。
 
では次に
このアクションを起こす際に
ポイントが二つあるので
そちらをお話しします。
 
■ポイント1
 
このセリフを伝える際に
『「やっぱり」のフレーズを付けること』です。

 
なぜなら
このフレーズを付ける事により
「どういう意味?」
「いつから?」と意味深に捉えられ、
より女性に深く考えさせる事ができ
より妄想をする事に繋がるからです。
 
なので、このフレーズを付けて
伝えてください。
 
■ポイント2
 
二つ目のポイントに
「好意を伝えない」です。
 
好意を伝えないとは
2回目のデートが終わった後に
連絡しないことを指します。
 
連絡を「2回目のデートのお礼」、
「3回目のデートの約束」のみに留めるのです。
 
流れとしては
次の通りになります。
 
・デート終盤に好意を伝える

・その後の連絡は
「2回目のデートのお礼」、
「3回目のデートの約束」のみに留める
 
つまり、
連絡で好意が伝わる内容を送らないとかでは無く
微々たる好意が伝わる
「連絡のやりとりをする行為自体がNGということ。

 
なぜなら、
デートの解散時に好意を伝えた後に、
連絡が無くピタッと好意が伝わらなくなると、
 
あんなこと言ってたのに
 どういうこと?

私のこと好きじゃないの?
連絡ないけど
 私から連絡した方がいいのかな?

この様な思考を作り出せる可能性が生まれるからです。
 
要するに
あなたのことで頭がいっぱいになり
あなたによって感情が揺さぶられ
結果、脈あり状態に辿りつく可能性を
作り出せるという事です。

 
ただもしかすると
連絡を入れない事に不安を感じることがあったり
2回目のデートに手ごたえを感じていたりすれば
連絡を入れたくなるかもしれません。
 
ただここは脈ありへと導く上で
【肝】になります。
 
必ず、アクションを起こしたい気持ちを
抑える必要があります。
 
2回目のデートの別れ際で好意を伝え、
その後ピタッと好意を伝えない、
この動きを徹底して起こすことが
脈あり状態へ導ける肝になるので
参考にして下さい。
 
ちなみに、
「女性から連絡がある場合はどうするの?」
この様に疑問があるかも知れません。
 
その場合になりますが
返信してオッケーです。
 
ただ可能な限り
好意が伝わらないように注意して下さい。
 
それでは2回目のデートで
脈ありに導くデート方法についての解説は
以上になります。
 
記事内でお伝えした通り
・脈あり判断の記事
・デートの場所設定の記事
・スキンシップの記事
それぞれを下記に用意しているので
それぞれ必要な記事へと
移動して頂ければと思います。
 
ただ、
最後に一つだけ。
 
解説内で、
「ダラダラとデート回数を重ねるのではなく
 少ないデート回数で勝負を仕掛けることが
 重要となる」ということについて
後で解説するとお話ししていたので
その点についてお話しをします。
 
基本的に女性を口説き落とす為には
遅くとも3回目のデートくらいには
決めにかかった方が良いです。

 
なぜなら
恋愛は長引けば長引く程、不利だからです。
 
仮に付き合う前に
10回のデートを繰り返して
口説き落とせないとなると
10回目のデートまでの間
常に「付き合うに値しない人」と
認識させている事になります。
 
そして
それだけの期間
その様に認識させてしまうと
「付き合うに値しない人」のレッテルが
強力に貼り付けられる事となります。

 
そのレッテルを取り外すのは
容易ではありません。
 
一度確立されたレッテルを拭うには
女性に大きなキッカケを与えなければ
拭えません。
 
つまり
3回目のデートで
口説き落としにかかるより
10回目のデートの方が
回数は多いモノの
口説き落としにかかるのが難しいという事。

 
また難易度だけでなく不幸な事に
高い確率で後からふっと現れた男性に
横取りされる事になります。
 
経験があるかも知れませんが
「なんでこれだけ頑張ったのに
 あんなポッと出てきたやつに
 いきなり○○ちゃんを横取りされるんだよ」
この様な悲しい結末を迎えるという事です。
 
関係を築くのに重要なのは
デートの回数ではありません。
 
ではどの様にして
少ないデート回数で恋愛感情を高め、
女性に付き合いたいという思考にさせるのか。
 
それは、、、
簡単に言うと

初デート、恋愛対象内に入る
2回目のデート、脈あり状態にする
3回目のデート、口説き落とす

この様にステップを順序立て
それぞれのデートで徐々に付き合える状態へと
シフトするように戦略を練り
実行していくことです。
 
つまり、
1回目のデート、2回目のデートでの土台があり
その上に3回目のデートで口説き落とす状態へ導く為の
上積みする必要があるという事。
 
全ては一本の道筋を経て
ゴールへ辿りつける事となります。
 
なお当然のことですが、
恋愛経験値や
女性の食い付き度合いなどの要因により
3回目デートでは無く
1回目デートで口説き落せすのは可能です。
 
逆に
5回目で口説き落とす場合もあります。
 
なのでケースバイケースと言え
それぞれのデートに
どのテクニックを駆使したり
どの状態に女性を持ち込もうとするのか
戦略は変わります。
 
ですからあくまでも
付き合う前の3回のデートで
口説き落とすというのは
一種の目安として考えて下さい。
 
ただ、
あまりダラダラデートを繰り返すのは
先程も言ったように、
より口説き落とす難易度を高めるとなります。
 
3回を目標設定する方向で進めるのを目安にして
随分と狙った女性を落とせるようになった男は多いので
その方向で進めることを参考にして下さい。
 
では解説は以上になります。
 
なお、2回目のデートをおこなった後に必要となる
3回目の口説き落とすデート戦略も
ご用意していますので
そちらも興味があればご覧ください。
⇒ 3回目のデートで口説き落とす方法はコチラ

※下記の情報を
一度、確認をお願いします
↓↓↓↓↓

 

※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

購入者特典


当サイトでの恋愛商材の購入には
恋愛コンサルタントならではの
他のサイトでは手にできない
強烈なオリジナル特典
が付いています。
【特典の詳細はコチラ】

レビュー一覧



当サイトレビュー商材一覧は、
以下よりご確認ください。
レビュー商材一覧はコチラ

評価別レビュー一覧

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク