付き合う前の初デートの食事で2回目のデートへ繋げる成功を掴む術

付き合う前の初デートの食事で確実に成功を勝ち取る術とは?

 
hatudate-syokuzi
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今回は
『付き合う前の初デートの食事で
 確実に成功を勝ち取る術』
こちらをテーマにお話します。
 
付き合う前の初デートは
食事になる事が、非常に多い。
 
しかしながら、世の多くの男性は
その食事だけのデートで撃沈します。
 
奢りとなると
『好きなモノをタダで食べられる』と
女性にとって美味しい話しであるにも関わらず。

 
そんなデートなのに
NOの判定を喰らっているのが実情です。
 
もしあなたがそんな状態に陥っているなら
「こんな事なら奢らなければよかった」と
愚痴を発っしているかも知れませんね。

 
まぁ、恋愛経験が少ないと
仕方のないところはありますが

・付き合う前の初デートとして
 一番よくあるシチュエーション
・好きなものをご馳走し
 比較的成功を掴みやすい

このデートプランで躓くというのは
致命的。
 
恋愛で望む結果を掴むに辺り
非常に大きな問題を抱えていると
言わざるを得ません。
 
ズバリ言うと
難易度の観点からみて
食事デートが次に繋げられないのなら
食事とは違うデートだと
次に繋げるのが、まず不可能だからです

 
最低でも食事デートくらいは
軽くクリアでないと危険。
 
ですから、
あなたがその状態から抜け出せるよう
「付き合う前の初デートの食事」において
どうすれば次に繋がるデートになるのかを
徹底的に解説します。
 
食事デートを次に繋げるくらいは
そんなに難しいことではないので
どうぞ参考にしてください。
 
なお、2回目のデートに繋がらない原因に
「会話」に問題を抱えている人が多いですが
本記事では会話については触れません。
  
本記事は以下の内容です。
・初デートでお店選びをする時の7つのポイント
・ランチとディナーどちらに誘うのか
・食事デートで会話と同等に気を遣うべきポイント
 
会話における
「2回目に繋げるのに十分な関係構築」が
あなたにとって課題であるなら
会話について解説している
下記の記事をご覧ください

⇒ 2回目のデートを確実にGETする初デート会話術はコチラ
 

初デートでお店選びをする時の7つのポイント

 
hatudate-syokuzi
 
まず
『初デートでお店選びをする時の
 7つのポイント』
 
食事デートで設定するお店は
非常に重要です。
 
なぜか。
 
というのも
初デートでは
お互いのことをあまり知らないケースが
多いです。
 
そうなると、
連れて行くお店により
楽しませてくれる男
 orツマラナイ男

オシャレな男
 orダサい男

女心を分かってくれる男
 or女性の気持ちが分からない男

 
様々な面であなたの評価がくだるのです。
 
何度かデートを重ねている場合は別。
 
しかしながら初デートでは
あなた自身の評価に直結するのです。
 
『お店を外した時点で、
かなり大きなハンデを背負った状態で
食事が開始する』と
理解すること。

 
そこへの認識が強まれば
解説するポイントを疎かにせず
致命的なミスを犯す確率はゼロになりますから。
 
では、初デートで
食事のお店を設定する際の
ポイント解説に入ります。
 
 
■食事デートに選ぶお店1
 
『不要な時間を作らない』です。
 
不要な時間を作らないとは
まず第一に
お店までの時間」。
 
お店までの時間というのは
・待ち合わせ場所からお店までの時間
・始めていくお店で
 どこにあるのか分からず連れまわす時間
です。
 
お店で合流する場合は関係ないですが、
そうで無い場合、
・お店までスムーズに行ける
・待ち合わせ場所から長くとも10分くらい
ここを抑えること。
 
こういった時間はストレスになり
そのストレスが
デートを楽しめない種になるので
注意しましょう。
 
次に第二に
並んでいる時の待ち時間」。
 
・女性との関係が深い
・トーク力がある
とするなら、
待ち時間も楽しめる時間の一つです。
 
 
しかし、初デートとなると
楽しい時間にならないケースは多い。
 
お互い緊張して
会話が楽しめない可能性が高いから。
 
またそもそもの話し
「お店も決めてくれてないの?」
「エスコートが下手」と
評価を大きく下げます。
 
なので待ち時間を作らないよう
予約をすること。
 
最後に第三に
混雑による待つ時間」です。
 
混雑している時は
料理が出てくるのが遅かったり
店員さんの対応が遅い等と
微妙な空気が生まれる恐れがあります。
 
なので、
・比較的すいている時間のリサーチ
・来店時間に丁度すいているお店のリサーチ
このリサーチを徹底しお店を選ぶこと。
 
 
■食事デートに選ぶお店2
 
二つ目は
『座席』です。
 
座席は、
初デート、ランチという
シチュエーションの場合
L字に限ります。

 
というのも
L字以外だと対面/隣の席ですが
以下の通りだからです。
 
●対面の席
 
心理的に対立の姿勢になります。
つまり
『打ち解けるのに適していない』
という事です。
 
 
●隣同士の席
 
打ち解けていない関係では
近すぎると言え
相手抵抗感を感じさせます。
 
 
どちらも
初デートというシチュエーションでは
省いた方が良いです。
 
そしてそもそもの話し
心理学的には
「斜めで話すのが警戒心を一番抱かない」と
証明されています。

 
なので
座席はL字を選択する事。
 
ただこの事は
あくまでも基本です。
 
・ランチで打ち解け
 その後、移動したお店での隣同士はOK
 
・口説くのを目的とする場合は
 最初から隣同士でもOK
 
この様に
ケースバイケースで変わるということ。
 
なお、住んでいる地域により
L字座席のお店が無い場合
『隣の席とゆとりがある
 隣同士の席を選ぶ』ことを
オススメします。
 
 
■食事デートに選ぶお店3
 
三つ目は
『半個室、個室』です。
 
周りにマナーの悪い人
声が大きい人がいる場合
楽しい雰囲気を作る難易度が高まります。
 
自分が意図する
会話展開、環境作りをスムーズに行う為には
自分ではどうしようもない外部要因を
持ち込まないのが得策。
 
お互いがストレスなく
食事を楽しみ、会話を楽しめるよう
半個室か個室を選ぶのです。
 
なお、初デートでは
・次に繋げるのが目的
・その日に口説くのが目的
と目的が変わりますが
その目的により
「半個室」か「個室」かを選ぶこと。
 
次のデートに繋げるのを目的とする場合は
関係をそれ程発展させる必要が無いので半個室

 
初デートで
何らかの関係発展を目的とする場合は
関係を発展させるのに適している個室

 
この様に使い分けましょう。
 
■食事デートに選ぶお店4
 
四つ目は
『無難なお店』です。
 
関係を発展させる勝負デートや
何度目かのデートでは話しは別です。
 
ただ2回目に繋げるのを目的とする
初デートの場合は
無難なお店にすること。
 
無難とは、
特にマナーを必要とせず
 一人当たり
 1000円~2000円程度で済むランチ

これを可能とするお店です。
 
というのも、
あなた側の話しで言うと
・マナーに対しての知識がある
・これまでに多くの人から
 マナーを褒められたことがある
この場合アピールポイントになるので
ある意味良いです。
 
ただ、あなたがそうでない場合
マイナスの評価を得るだけ。
 
また女性側の話しで言うと
女性がマナーに対して
そこまでの知識が無いと
もの凄くガチガチに力ませます。
 
あなたは
「女性が上手にできず
 自分が上手にできる」と
優越感を感じたり
アピールできたと思うかもしれませんが
女性の気持はそうではないです。
 
恥ずかしさが一番にきます。
 
つまりマナーが必要だと
純粋に食事を楽しめなかったり
会話に集中できなかったり
大半の神経をマナーに向けるだけで
良いところが無いということ。

 
特にマナーを
必要としないお店を選ぶ事です。
 
次に金額に関して。
 
金額は
どちらもが好意レベルが高いなら
そこまで気にする必要はないですが
もし女性のあなたに対する好意レベルが
そこまで高くないとするなら。
 
その場合、
「取り敢えず会ってみようか」という
気持ちでデートに臨む女性が多いです。
 
となると、
値段がそこそこの食事をすると
気が進まない精神状態になり
デートに良い影響が生まれません。
 
たとえ奢りであってもです。
 
奢りと伝えていると
「悪いな」と気を遣うところがあるから。
 
誘った時点で奢りと伝えないと
値段が張ると
敬遠する気持ちが生まれるから。
 
なので、金額も無難が良いのです。
 
具体的には
●ランチ
「オシャレで値段が高くないカフェ」
1000円~2000円程度
 
●ディナー
「オシャレ居酒屋」
「軽いマナーを抑えていれば問題無い
 和食、イタリアン」
3,000~5,000円程度
 
この辺りが選択肢となります。
 
 
ちなみに、
学生、中年男性が多くウルサイお店
初デートと勝負服を着ている可能性がある
 女性の服に匂いが付く料理

鍋等の一緒に食べるモノで
 食べ方等で、お互いの拘りが
 衝突する可能性のあるもの

 
この辺りは避けてお店を選ぶ事
 
■食事デートに選ぶお店5
 
五つ目は
『お店の作りがオシャレ』です。
 
「オシャレな空間」にから
女性の満足度が、より高まるからです。
 
食事を楽しむのと同等に
オシャレな空間を楽しむ女性も
多くいますから。
 
なので、以下のポイントを抑えること。

・クラシック、
 ジャズが流れている
・観葉植物や太陽の光があり
 自然を感じられる
・間接照明がある
・インテリアに凝っている
・薄暗く暗め

 
 
■食事デートに選ぶお店6
 
六つ目は
『店員さんの対応』です。
 
店員さんの対応によっては
気分を害されることがあります。
 
そして、

・雰囲気が悪くなる
・会話の盛り上がりが冷める

こんなケースも珍しく無いです。
 
接客レベルが高すぎる必要はありませんが
料理を出す時、注文を取る時、
会計の時だけでなく
 
その他
・満席で待っている時の対応
・料理を頼む時に
 メニューについて質問した時の対応
・お手洗いなどの
 設備について質問した時の対応
 
この辺りの対応は
予め体験できるものなので
これらの対応に関しても確認することです。
 
 
■食事デートに選ぶお店7
 
七つ目は
『メニューが一つしかない』。
 
この点は、
打ち解けるのに
必要なポイントです。
 
というのも、
基本的にデートでは
スキンシップを行う必要があります。
 
※スキンシップを行わなけれなならない理由
 スキンシップ方法に関しては
 別の記事で解説しているので
 詳しい解説は省きます。
 最下部にスキンシップの記事を
 設置しています。
 
 
簡単に言うと可能な限り、
1回目のデートでは手をつなぐ
2回目のデートではハグ
3回目のデートではキス
この位のペースで進める必要があります。
 
ただ、
・2回目に繋げるのだけが目的
・それ程コチラに脈が無い場合
この際は手を繋ぐ必要はないです。
 
女性の好意レベルを高めてない場合
「私そこまでの気持ちに無いのに・・・」と
抵抗感を感じさせてしまい
2回目に繋がる可能性を下げるから。
 
しかし、
手を繋がなくて問題無いと言っても
若干ながら触れる環境を作った方が
打ち解けるのに一役買うのは間違いないので
その環境は作り出すべき。

 
害の無い男を演じ過ぎるのは
次に繋がらない恐れを招くので
害が無ければいいとは考えないことです。
 
そしてその触れる環境を作るにあたり
「メニューが一つしかない」のが
非常に役立ちます。
 
なぜなら
メニューが一つとなると
自然と二人でのぞき込むこととなり
触れるか触れないかの状態が
生まれるからです。

 
それぞれでメニューを見るのに比べると
お互いでメニューを見る事で
近い距離で一緒に「これ美味しいのかな?」
なんてやりとりができ
打ち解けるのに一役買う。
 
何か仕掛けるケースと比べ
触れるか触れないの状態を作るのに
 
可能なら
メニューが一つしかない店を選ぶ事です。
 
 
ではここまで、
初デートにおけるお店選びのポイントを
7つ解説をしましたが
このポイントを抑えるにあたり
必要なことがあります。
 
それは
『下見』です。
 
下見をしないと
 
・サイトで見たイメージと違って
 そんなにオシャレじゃ無かった
 
・学生、中年男性が多くウルさかった
 
・意外と分かりずらい所にあり
 迷ってしまった
 
・ラッシュの時間で混雑していて
 且つ、忙しい為に店員の対応が悪かった
 
この様にポイントを抑えられないからです。
 
これは本当に最悪です。。

なぜなら初デートは
あなたの印象が作られるものとなるので
いつもはミスなく選べるけど
その時は「何か違った」が通用しないから。

 
初デートとなると
その「ミスしたあなたしか知らない」訳です。

 
なので、確実にポイントを抑えるよう
必ず下見を行いましょう。
 
では次の
『ランチとディナーどちらに誘うのか。』の解説に
引き続き入ります。
 
※モテ男閲覧禁止!
デートで関係を築けない程度の事に悩むのとは無縁のモテ男に進化可能。
絶望的非モテ男が、秒速で激カワ女性とウハウハな日々をゲットした魔法のノウハウはコチラをクリック

ランチとディナーどちらに誘うのか

2回目に繋げる事だけに
フォーカスをあてるのなら一択です。
 
ランチデート。
 
昼と夜の違いで
女性がデートの誘いに応じやすくなるのは勿論の事
「迫って来られたらどうしよう」という
警戒心が緩くなり、次のメリットがあるから。
 
夜に比べると
軽いスキンシップに変な誤解をされない
リラックスして食事デートに望め
 結果、食事デートを堪能できる

こういったメリットが存在するのです。
 
つまり、
誘った段階で構築している関係性とは別に
ディナー、ランチという違いだけで
「警戒心が下がっているから
 デート自体を楽しみやすくなる」と
良い効果が生まれるということ。
 
初デートの成功のフォーカスを
「2回目に繋げる」にあてる場合は、
ランチデートに限ります。
 
ただ、
フォーカスをあてる部分によっては
話しは別。
 
もしあなたが
1回目のデートで
キス、お持ち帰り、口説く、等の
結果を目的とするなら、
『ディナーデートにすべき』です。
 
なぜか。
 
ディーナーになると
女性にある程度の覚悟を持ち
デートに臨ませることになります。
 
そしてそれは
心の準備をさせる事に繋がり
結果、コチラの意図する方向へ
スムーズに進めやすい状態になるから。
 
また他にも、
ディーナーになると
お酒は付き物となります。
 
そして基本的には
お酒を飲みながら関係を深めた方が
より深い関係へとお互いに踏み込め
結果、コチラの意図する方向へ
スムーズに進めやすい状態になるから。
 
なので、口説くなどを目的とするなら
ディナーを選択すべきなのです。
 
目的により
どちらに誘うべきなのかは変わります。
 
そして、もう一点。
 
目的とは別で、
『女性との関係性により
 どちらに誘うのかが変わるところ』もあります。
 
例えば
■関係A
顔を一度も見た事が無い
ほとんどお互いのことを知らない
 
■関係B
何度か複数人で遊んだことがある
お互いに好意的に見ている事が
 連絡や会話の中で見えている

 
関係Aの場合に
・お互いのことを知ること
・打ち解けること
・安全性、信頼性を感じさせること
これらを考えるのなら
ランチを選ぶことです。
 
関係Bの場合に
・お互いの関係を発展させる
・男として意識させる
これらを考えるのなら考えるのなら
ディナーを選ぶことです。
 
関係性から見ると
この様に変わります。
 
では最後にもう一つ。
 
目的、関係性以外だと
・取り敢えず顔だけ見たい
・どんな人か知りたい
この様に考えるケースもあります。
 
その場合は
「安く済む」「サクッと短時間で済む」との理由から
ランチを選ぶべきです。
 
ランチorディナーに誘うのかは
このように変わるので
参考にしてください。
 
では次の
食事デートで会話と同等に
 気を遣うべきポイント。』の解説に
引き続き入ります。
 

食事デートで会話と同等に気を遣うべきポイント

初めての食事デートは、

・顔、キモイって思ってないかな
・盛り上がらなかったらどうしよう
・料理口にあってるかな

この様に印象、会話、料理などに
目を向ける男性は多いです。
 
ただその様な事ばかりに気を取られると
ある事に足をすくわれることになります。
 
そう、、、
食事マナー。
 
ただ
ここでいう食事マナーとは
フランス料理などの
小難しい食事マナーでは無く
普通の食事マナーです。
 
具体的な例をいくつか挙げると、

・肘をつかない
・茶碗や小鉢は手で持つ
・箸を正しく持つ
・クチャクチャと
 食べる音を立てない
・食べている時に喋る場合は
 口に手を添える
・魚など汚く食べない
・刺し箸はしない
・箸やスプーンを舐めない
・おしぼりで
 手と口以外は拭かない
・料理の文句は言わない
・勝手に
 レモンやソースをつけない
・携帯をイジりながら食べない
・ナイフやフォークで
 カチャカチャ音を立てない
・勝手に煙草を吸わない

この様な基本中の基本です。
 
ただ、今
「このくらい誰でも大丈夫でしょ」
と思っているかもしれませんが、
そうでもないのです。
 
というのも、
多くの男性は
最低限はクリア出来ているだろうと
思っているのですが、
実際は以下の通り。
 
某アンケート会社が
25~34歳の未婚女性300人におこなった
アンケート。
●問
男性の食事作法について
 気になったことがあるか?

●結果
「ある」と答えた女性、71.7%
 
異常ともいえる数値。
 
食事マナーに対して
男性がどれだけ安易に考え
女性がどれだけシビアに見ていてるのかが
分かると思います。
 
「俺基本のマナーでさえ出来てない」
という男性が7割もいるのであれば
女性の数値と同様になるので
そういった訳ではありませんが
基本的なマナーくらいクリア出来ていると
思っている男性が多い訳なので
シビアなのが分かるでしょう。
 
ただ、、、
ここで着目すべきなのは
「シビア」ということではないです。
 
これだけ食事マナーに対して
安易に考えている男性が居るのなら
食事マナーを身に付ければ
それだけで大きな武器になる、という事。

 
ここです。
 
あなたが
「もう一度デートしてもいい人」と
判断されるには、
あなた自身もそうですが、
それ以外に「他の男性と比較して」
という部分も判断要因になる訳ですから。

 
たったそれだけの事、
と思うかもしれませんが
 
しかしながら
たったそれだけの事で
他の男性を出し抜けるのです
 
確実に抑えましょう。
 
では次の
『食事デートに
 食事以外の事をする必要性』の解説に
引き続き入ります。

食事デートに食事以外の事をする必要性

2回目のデートに繋げる事だけを
目的とする場合、
他の事をする必要は無いです。

 
食事を終えたら
サッと帰ること。
 
なぜか。
 
というのも、
2時間程度の食事デートで終えるのは
女性に良い意味での「物足りなさ」を
感じさせることができるからです。

 
「もう少しお喋りしたかったな」という
物足りなさは
「また会いたい」という
感情を芽生えさせるのに繋がります。
 
なので、2回目のデートに繋げる事だけを
目的とする場合、必要ないのです。
 
ただ例外があります。
 
冒頭で
「2回目のデートに繋げる為の会話」を
別記事で解説しているとお伝えしましたが
 
そこで解説している会話を
ほとんど成立させてない場合です。
 
その場合は
2件目に移動すること。
 
なぜなら
成立させてないという事は
イコールとして
「またデートしてもいい人」と
判断されるほどに

関係を築けてないという事だから。
 
では、
十分に会話が成立してない場合は
移動する事になりますが、
 
その場合は
ランチであれば
コーヒーとスイーツと
別腹で食べられる店へ移動

 
ディナーであれば
ホテルのラウンジ、Barへ移動

 
それぞれへ移動し
会話を成立させるように取り組むこと。
 
そしてこの際に移動するお店は
1件目から近いお店を選ぶこと。
 
次のことを避けたいからです。

・作った雰囲気を壊さない
・連れまわして悪印象を与えない
・エスコートヘタだと思われない

どうぞ参考にしてください。
 
では、
記事内でお伝えしていた
・初デートを成功させる会話
・スキンシップ、
それぞれの記事を
以下に用意しておりますので
併せてそちらもご覧くださいませ。
⇒ 2回目のデートを確実にGETする初デート会話術はコチラ
 
⇒ スキンシップ最強手順はコチラ

千人を超えるモテない男に
彼女を作り続けて来たアノ男が
プレゼントをバラ撒き中!
※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)
↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

購入者特典


当サイトでの恋愛商材の購入には
恋愛コンサルタントならではの
他のサイトでは手にできない
強烈なオリジナル特典
が付いています。
【特典の詳細はコチラ】

レビュー一覧



当サイトレビュー商材一覧は、
以下よりご確認ください。
レビュー商材一覧はコチラ

評価別レビュー一覧

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク