iOS 8遂に発売!!あなたはその機能を存分に使う事は出来るのか?

 
ios8-tukaikata
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今や、携帯を持ってない人がいない
と言っても過言では無い程、携帯電話が普及されています。
 
そして、時代を重ねるごとに進化を重ね
どんどんハイテクになっていってますよね。
 
と言うのも、iPhoneでお馴染みのアップル社が
iOS8という新作の端末を発表しました。
 
今回発表されたiOS8は

・画質がカメラ並みでコマ撮りが出来たり
・メールをスライドで操作して振り分ける機能や、
・書きかけのメールを下にスライドして一旦置いておきメールの文面を確認できる機能

がついたりと機能性が格段とアップしているそうです。
 
まぁ、多機能になった所で
実際、使った事が無い機能とか結構出てくると思いますが。
 
つまり、最新の携帯を持っていても
活かせなければ宝の持ち腐れだという事

 
ハッキリ言って、
メール機能が今まで以上に発達したiOS8を買ったとしても
女性からメールが来なければ意味が無いのです

 
実際、女性からメールが返って来なくて
宝の持ち腐れ状態になり悩んでいる人は少なくないでしょう?
 
■□■→携帯の機能を使う暇が無い程メールが届く様になりたい方はコチラ←■□■
 
ただ、悩んだ所で返信を貰える訳では無いので
原因をしっかりと追及する必要があります。
 
そして、そこで考えられる大きな原因としては
関係性が構築出来ていないという事が挙げられます

 
どういった事かというと
連絡先を交換してメールのやりとりが出来ない人は
初対面の女性に対して、連絡先を聞き出す事ばかりを意識している人が多いです。
 
ただ、連絡先をゲットするだけであれば
ある程度タイミングさえ外さなければ簡単にゲット出来ます

 
そもそも断るのが面倒で「返さなければいいや」と考えて
交換くらいなら難しくありません。
 
もっと言ってしまえば、女性としっかりコミュニケーションをとり
仲良くなり関係を構築していれば
「連絡先教えてよ」とストレートに聞いて、連絡のやりとりに繋げる事は出来ます。
 
つまり、連絡先を聞く為に頑張ってアクションを起すのではなく
連絡先のやりとりに繋げる為に、関係性を構築する事にだけ力を注げばいいという事

 
そうすれば、女性の連絡先を
GETする事にも繋がりますから。
 
なので、間違っても連絡先の交換を目標として、アクションを起してはいけません。
 
必ず連絡のやりとりを繋げる事を目標に、アクションを起して下さい
 
この目標設定を正しく理解するだけで
女性からじゃんじゃんメールが届く携帯にする事が出来ますから。
 
では、また。
 
PS
理想の彼女をゲットしたい。モテたい。セックス三昧の日々を送りたい。
恋愛に対する悩みから解放され、願望を叶えませんか?
 
■□■→即実践可能な恋愛講座はコチラ←■□■
 

※下記の情報を
一度、確認をお願いします
↓↓↓↓↓

 

※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

購入者特典


当サイトでの恋愛商材の購入には
恋愛コンサルタントならではの
他のサイトでは手にできない
強烈なオリジナル特典
が付いています。
【特典の詳細はコチラ】

レビュー一覧



当サイトレビュー商材一覧は、
以下よりご確認ください。
レビュー商材一覧はコチラ

評価別レビュー一覧

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク