女性が喜ぶ褒め言葉から好感度を高められない男に捧げる4つの褒め方

女性が喜ぶ褒め言葉から好感度を高められない男に捧げる4つの褒め方とは?

 
zyosei-homekotoba-homekata
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今回は
『女性が喜ぶ褒め言葉から
 好感度を高められない男に捧げる4つの褒め方』
こちらをテーマにお話します。
 
年上女性であっても、年下女性であっても
あなたが好きになった女性を口説く際に欠かせない言葉。。。
 
そう、、、
どの女性も嬉しいと感じるのが
褒め言葉です。
 
この嬉しいと感じる褒め言葉は
年齢によって嬉しいと感じるとか嬉しいと感じないとか
そのように分けられるものではありません。
 
なので、口説く際に
欠かせない言葉と言えます。
 
しかし!
ここで勘違いをしてはいけない事が一つ。
 
褒め言葉はどの女性にも効果的なのですが、
誰しもが同じように効果を体感できるものでは無いのです。

 
というのも、
例えばチャラい男、誠実な男が
全く同様の褒め方を使用したとして
同じように女性が喜ぶ状態を作り出す事ができるでしょうか?

 
これ、不可能なんですよ。
 
褒め言葉の受け取り手に与えている印象により
その褒め言葉の捉え方が変わってくるものですから。

 
そして、
チャラい男と、誠実な男を例に挙げましたが
この様に男性のタイプの違いの他にも、

・女性のタイプ
・女性との関係性
・褒め言葉に繋ぐトークスキル
・恋愛経験値
etc…etc…

この様に多くの要因が絡み合い
褒める言葉から効果が出るのか出ないのかが
振り分けられる事になります。
 
つまり、効果的な褒め方を駆使したとしても
思うように効果を引き出せない事は
ごまんとあるという事。
 
なので、今回は
中々効果を引き出せない状況から脱出してもらう為に
強制的に褒め言葉から効果を引き出す方法
褒め過ぎた時に使える効果的な褒め方
褒め言葉を強力にする方法
女性のタイプに合わせた褒め方
これら4点について解説します。

強制的に褒め言葉から効果を引き出す方法

 
まず
『強制的に褒め言葉から効果を引き出す方法』
こちらから。
 
女性の頬を緩ませ警戒心を解くカギとなる
褒め言葉。
 
上手な褒め方が出来れば、
それに比例して女性の警戒心はどんどん解かれます。
 
固く閉ざされた心の扉を
「カチャ」っと、一発で簡単に開く事ができ
ググッと女性の心の中に侵入できるという事です。
 
また、固く閉ざされた体操帯の鍵を
「カチャ」っと、一発で簡単に開く事ができ
ググッと女性の体の中に息子を侵入させる事も可能です。
 
・・・。
っと、冗談はさておき
上手な褒め方ができることができれば
多くの道が開かれる事となります。
 
ただ、それは
『褒め言葉を受け入れさせた場合』の話しです。

 
というのも、
女性を褒めた時に「そうでもないよ」と
あしらわれた経験があると思います。
 
もっと言うと
「そうでもないよ」という言葉に対して
「ちぇっ。何だよ」と思いながらも
「そっ。そっか」と、女性の言葉を受け入れる事があるでしょう。
 
これ、、、
最悪。。。
 
何の効果も得られません。
 
なぜなら
女性に否定されて受け入れてしまうと
その褒めに信憑性が無くなるから。。

 
分かりやすく言うと
♀○○君カッコいいね
♂そうでもないよ。(内心嬉しい)
♀えぇ。そっかぁ。。。
♂うっ。うん。。。(内心ショック)
 
この状態だという事です。
 
褒め言葉になりますが
女性に受け入れさせて、
初めて効果が表れるモノになります。

 
褒め言葉を否定されたとしても
受け入れさせなければいけません。
 
では受け入れさせる為に
女性の否定に対しどの様に切り返すのか。
 
例えば
女性の優しさを褒めた時に
「別にそうでもないよ」と言われたとしましょうか。
 
この場合
以下の様に切り返します。

「えっ。
 俺の友達でそんな優しい人いないよ。
 当たり前の様にそんな事できる○○ちゃん
 マジで優しいと思うよ。」

はい。

『俺の周りのやつでそんな優しい奴いないよ』

ここがポイントです。
 
なぜなら、
周りの友達を知らないという事で
女性が否定できなくなるから。

 
「○○ちゃん優しい」は
自分が自分に対しての優しさに対してどう思うのか、
ということで否定できます。
 
しかし、「友達に比べて○○ちゃん優しい」は
友達がどんな人なのか分からないので
受け入れざるを得ないという事。
 
「友達の事知ってたらどうするんだよ」
こんな声が聞こえてきそうですね。
 
ではそのケースに対しても
例を挙げておきましょうか。
 
その場合は

「そう思ってるの○○ちゃんだけだよ。
 だって、○○(知り合い)とか○○(知り合い)とか
 みんな○○ちゃんの事優しいって言ってるし。」

はい。

『だって、○○(知り合い)とか○○(知り合い)とか
 みんな○○ちゃんの事優しいって言ってるし。』

ここがポイントです。
 
自分が自分に対しての優しさに対してどう思うのか、ではなく
周りが女性のやさしさにどう思っているのか、という事で
受け入れざるを得ないですから。

 
つまり、
褒め言葉を受け入れさせる上で
抑えておかなければいけない本質は
『女性が判断を下せないもので攻める』という事。
 
捻じ曲げられない事を
提示するんですよ。
 
この本質を見据えて切り返していけば
褒め言葉を受け入れさせる事が可能となり
無事効果を引き出せるようになります。
 
なので、
褒めた時に受け入れてもらえない事が多く
褒め言葉からの効果を引き出せていない場合、
女性が判断を下す事が出来ないもので攻め
効果を生み出していけるように取り組みましょう。
 
※モテ男閲覧禁止!
女性から好感度を得られないなんて悩みとは無縁のモテ男に進化可能。
絶望的非モテ男が、秒速で激カワ女性とウハウハな日々をゲットした魔法のノウハウはコチラをクリック

褒め過ぎた時に使える効果的な褒め方

 
次に
『褒め過ぎた時に使える効果的な褒め方』
こちら。
 
女性を褒める事は
好感度を高める上で効果的な方法の一つなのですが
その効果を知っている為に
褒め過ぎてしまう事があります。
 
そして
女性がリアクションに困っている、という
迎えたくも無いシチュエーションと
対峙する事となります。
 
お気に入りの女性となると
褒めたくなる気持ちは分からなくはないですが
ず~っと息つく暇なく褒められると

「はいはい。分かったよ」とか
「もういいって」とか
「シツコイな」とか

この様な負の感情を
芽生えさせてしまう事になります。
 
度を越えて褒め過ぎると
徐々に肩苦しさを感じさせ、
褒められているにも関わらず
段々負の感情が湧く心理状態になるという事。
 
ただ、
その褒める程度の加減は難しく
恋愛経験値が少ない内は
良い頃合いを簡単に掴めるものではありません。
 
なので褒め過ぎた時に使えるテクニックを
一つ解説します。
 
ズバリ、、、
褒めて落とす、です。
 
このテクニックは
本来は女性をイジる時なんかに使用されるのですが
褒め過ぎを緩和するにも効果的になります。
 
具体的には
♂○○ちゃん綺麗だよね
♀そんな事ないよ~
♂うん。よく分かってるね(笑)
♂ヒドイ~(泣)
 
この様に褒めて落とすのです。
 
ではもう一例。
 
仮に先程の例とは違い
綺麗だねという褒めを受け入れたとしましょうか。
 
その場合
♂○○ちゃん綺麗だよね
♀ありがとう
♂いや。否定しなよ。自信ありすぎでしょ(笑)
♂そんな事ないし~。(怒)
 
この様に褒めて落とすのです。
 
考え方としては
褒めて喜びというプラスの感情を引き出し、
その後に(泣)や(怒)のマイナスの感情を引き出す、
この様に理解ができていればOKです。

 
褒められ疲れている女性を
救い出す事ができますから。
 
なお
このテクニックを使用する際のポイントは
きちんと冗談として伝えられるのかがポイントです。

 
落とした部分を真に受けられると
機嫌を損ねる可能性がありますから。
 
なので、
あからさまに冷たい表情で言ったり
笑顔で含み笑いを持たせて言ったりするようにして
冗談として伝えられるよう取り組んでいきましょう。

褒め言葉を強力にする方法

 
次に
『褒め言葉を強力にする方法』
こちら。
 
褒めるアクションを起こし
上手く女性と関係を築けない場合
褒める頻度を増やす事があると思います。
 
褒めても上手くいかない
⇒褒める頻度が少ないからだ
 
この様に考えてしまうところがありますから。
 
ただ正しい褒め方ができている中で
褒めるのを増やし効果を引き出そうとするのは
基本的にNGです。

 
というのも、
女性があなたを喜ばせる為に褒めを多用してきた場合、
二人の間にある主導権は
どちら側が握ると考えるでしょうか?
 
 
基本的に自分にあると感じる筈です。
 
特に外見となると尚更。
 
簡単に言うと
カッコいい、男前、素敵、と沢山言われると
「コイツ落ちたな」と感じ
あなたに主導権があると考えるという事です。
 
つまり、褒めるのを増やした場合
それに比例して女性に主導権を握られる可能性は高くなり
それは関係を築くのに支障が生まれるので
増やすのはNGになるという事。

 
ではどうするのか。
 
ズバリ、
減らすのです。
 
褒める事から効果を引き出そうとしているのに
褒めるのを減らすとは少し分かりずらいかも知れませんが
現状褒め言葉を使い効果を感じられない場合
あなたは褒め言葉から効果を引き出しにくいタイプの
男性である可能性が高いです。
 
褒め言葉を多用する事で上手くいく人もいれば
褒め言葉を多用しても上手くいかない人もいて
あなたは後者であるという事。

 
その事をまず理解して下さい。
 
ただそうは言っても
褒める事は女性を喜ばせるのに直結するので
褒めるのを減らすというのは
不安な部分があると思います。
 
なので、減らすアクションを起こす事から
期待できる部分についてここから解説しましょう。
 
ある二人の男性がいます。

1.いつも褒める人
2.いつもは褒めないけどたまに褒める人

1番に該当する人は
いつもいい印象を抱くと思います。
 
では
2番に該当する人はどうでしょう。
 
いつも褒めてくれない訳ですが
たまに褒めた事でプレミア感が生まれ
それはそれで良い印象を抱くと思います。
 
はい。
この事から分かるように
褒めることから効果を引き出すのに
褒める量は関係ないという事。

 
自分がどちらに適しているのか、
という事だけです。
 
そしていつも褒めている場合になりますが
褒めることから生まれる効果は
それ程大きくありません。
 
褒めるのが当たり前の人と
感じられてしまう部分がありますから。
 
分かりやすく伝える為に、数字に置き換えますが
10+10+5+5+3+3+1+1+1+1=39といった感じです。
 
次にたまに褒める人になりますが
いつもは褒めていないという事で
褒めた時の効果は大きいです。
 
こちらも分かりやすく伝える為に数字に置き換えますが、
0+0+0+0+0+0+0+40=40といった感じです、
 
こんな単純な話しではありませんが
簡単に言うとこの様に違いがあります。
 
なので後は、
自分がどちらのアプローチ方法の方が
40のポイントを叩き出せるのかという事です。

 
そして
褒めるアクションを起こし上手くいかないという事は
いつも褒めるアプローチでは無く
たまに褒めるアプローチにフィットしている可能性があるので
褒めるのを減らす、という事です。
 
人は基本的に
褒められると喜ぶ生き物になるので
最初はいつも褒める
というスタンスから入るべきなのですが
そこから効果を得る事が出来ない場合は
褒めない方法へと移行する必要があります。
 
なので不安な部分があるかも知れませんが
褒めるのを減らす取り組みに移っていきましょう。
 
なお、勿論の事
この事が原因で無い場合もあります。
 
あくまでも
原因の一つとして考えられるものです。
 
なので、褒め方をシフトしても
褒める事からの効果を体感できない事もあるのですが
その場合は

褒めるのを減らす

効果を体感できない

褒める頻度を戻し
別の原因を探り取り組みを開始する

この様に
現状から抜け出せるように取り組んで下さい。
 
現状の方法で上手くいっていないのであれば
とにかく変化をもたらす事が必要があり
ここで解説した事は
その変化をつける一つの手段であるという事を
理解しておいて下さい。

女性のタイプに合わせた褒め方

 
次に
『女性のタイプに合わせた褒め方』
こちら。
 
女性のタイプに合わせるのは
いくつかあるのですがその内の一つに
「関係の浅い内に褒められるのを良しとするタイプ」と
「関係の浅い内に褒められるのを良しとしないタイプ」と
このそれぞれのタイプに合わせる事が挙げられます。
 
後者に関しては
なぜ褒められるのが嬉しくないんだと
不思議に思うかもしれませんが、
・「褒めた先に抱けると考えてるんでしょ」といった下心と感じる
・「私に好印象を抱いてほしいと考えてるんでしょ」といった媚と捉える
・「どれだけの女性に言ってきたの?」と軽い男だと思う
 
この様なところから
関係が浅い内に褒められる事を
よく思わない女性が存在するのです。
 
簡単に言うと
最初からチヤホヤされても嬉しい女性と
最初からチヤホヤされると拒否反応を示す女性が居るという事。

 
そして、基本的に最初から褒めを多用する男性が多いですが
この女性のタイプに併せて褒めを使い分けないと
最初からちやほやされるのが嬉しい女性の場合しか
効果を体感できない事になります。
 
では、この女性のタイプを
どの様にして見分けるのか。
 
その為に必要になってくるのが
効果的な褒め言葉や褒め方を
女性に仕掛ける事になります。
 
勿論仕掛けずとも
恋愛経験値が高まれば何となく分かる部分はありますが
正確に見抜くには仕掛けなければ
導き出されません。
 
なので仕掛けるのですが
ちなみに効果的な褒め言葉や褒め方は
以下の記事で解説しているので
そちらを参考にしてください。
⇒ 効果的な褒め方はコチラ
 
解説を続けます。
 
効果的な褒め言葉や褒め方を
仕掛けた際になりますが

・作り笑顔の表情をしている
・褒める前後でテンションが変わらない
・褒める前後で声のトーンが変わらない
・褒められる事を面倒に感じ
 褒めた後に話題を変えようとする

この様な点が確認された場合
関係が浅い時に褒めるべきでは無いと判断して下さい。
 
褒められる事を良しとする女性であれば
自然な表情がこぼれますし
テンションや声のトーンが上がったり、
もっと褒めてもらいたい為に
話題を変える事はありませんから。
 
なお判断する要素になりますが
ハッキリと「これだ!!」という
100%決定付けるものはありません。
 
なので
上手く判断できない場合もあると思います。
その場合になりますが
褒めたアクションを繰り返している中で
あまりに良い反応が見られない場合に
関係が浅い内に褒めるのはいけないタイプなんだと判断し
褒めるのを減らし関係構築に励むように取り組みましょう。
 
ちなみに、
多用しない方が良い場合になりますが
関係が築かれれば使用してもらっても構いません。
 
好意を持っている男性から
褒められるのはどの女性も共通して嬉しいモノですから。

まとめ

 
女性に褒めるアクションを起こすのは
好感度を高める上で非常に有効な手段ですが
効果的な褒め方をすればいい、と
単純な話しではありません。
 
その様に甘く考えていると
いつまで経っても女性を口説けないので
今回の解説をよくよく参考にしてもらえればと思います。

千人を超えるモテない男に
彼女を作り続けて来たアノ男が
プレゼントをバラ撒き中!
※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)
↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク