モテる男の会話術!女が惚れる男が会話で魅せる否定テクニック

モテる男の会話術!女が惚れる男が会話で魅せる否定テクニックとは?

 
onnagahoreruotoko-moteruotoko
 
こんにちは。
大友知也です。
 
今回は
『モテる男の会話術!
 女が惚れる男が会話で魅せる
 否定テクニック』
こちらをテーマにお話します。
 
女が惚れる男になるには
会話の中で共感(肯定)が必須となります。
 
モテる男の会話に
「でもな…」
「それは違う」
「分かって無いな~」
これらの否定の言葉は
ほとんど見られません。
 
モテる男の会話というのは
「そうだね」
「俺もそう思うよ」
「ホントそれ分かる」
この様に共感(肯定)の言葉が
多く使われるのです。
 
女性との会話で
共感(肯定)をベースとしないのは
女が惚れる男になるのを
放棄していると考えて下さい。

 
私は恋愛コンサルタントを
営んでいますが
共感できないままの男は
結果を掴めていないのが事実ですから。
 
あなたも
既にこの事を知っていて
共感をメインにしているかも知れませんね。
 
ただ、
そんなあなたに質問です。
 
共感をしていることから
恋愛で良い思いを出来ていますか

 
もし答えがNOだとするなら
あなたは大きな落とし穴に
落ちている可能性があります。
 
というのも、
共感ばかりだと
良い人止まりの存在になるだけで
モテる男に進化出来ないのです。

 
時には否定する事が
モテる男へ進化する鍵です。
 
簡単に言うと
以下の様な振り分けです。

■否定が多い男
モテない
 
■共感ばかりする
良い人
 
■共感+プチ否定
モテる男

こんな感じ。
 
あなたがこれまでに
共感男=モテる男、
この説を信じていた場合
腑に落ちないかもしれませんが
これは紛れも無い事実です。
 
なぜなら、
いつもいつも共感していると
自分が無い男と感じる
本音が分かりずらく誤解を生む
だんだん嘘くさくなる
真剣に向き合っていないと感じる
表面上のやりとりが多く深く関係を築けない
YESマンで媚びている様に思われる
この様な状態に陥るから。
 
良い人とは思われるのですが
女を惚れさせるのは無理です。
 
ただ、だからと言って、
たんに否定を含むのは危険。
 
自分とは合わない
ネガティブな男
自分の事しか考えていない
この様な印象を与えるからです。
 
なので
今回はモテる男に進化する為に
否定を駆使できるよう
・女が惚れる男が会話で魅せる否定テクニック5選
・モテる男の会話術を扱う初期段階
・女が惚れる男が会話で魅せる
 否定テクニック使用上の注意
これらを解説します。
 
どうぞ参考にしてください。
※もし、否定を含みながら
 上手に関係を築けるとするなら
 下記の記事をご覧ください

⇒ 女性と確実に仲良くなる会話術はコチラ
⇒ 女性に抜群にウケの良い会話の作り方はコチラ

女が惚れる男が会話で魅せる否定テクニック5選

 
onnagahoreruotoko-moteruotoko
 
まず
『女が惚れる男が会話で魅せる否定テクニック5選』
こちら。
 
女性に悪い印象を与えず
自分がある人
本音で話している人
表面上で無く心を開いてくれている人
 
この様に捉えさせる
否定テクニックを5つ解説します。
 
一つの否定するテクニックを駆使するだけでは
一辺倒で単調な否定になってしまい
「オブラートに包んでるんだろうけど
 否定したいならハッキリ言ってよ」
徐々にこの様な捉え方をさせるので
それぞれ参考にしてください。
 
 
■モテる男が会話で扱う否定の仕方1
『YESBUT』です。
 
YESBUTとは、
いきなり否定から入るのではなく、
・一度共感を示す(YES)
⇒その後に否定を示す(BUT)
この会話技法です。
 
たとえば
「でも、俺は○○と思うんだけど。」と
女性の意見に否定的であった場合。
 
この場合は

「たしかにそうだよね。(YES)
 でも(BUT)俺は
 ○○した方が良いと思うだけど
 それもアリだと思わない?」

なぜか。
 
一度共感を示している事から
否定を弱める効果が生まれるからです。
 
 
■モテる男が会話で扱う否定の仕方2
『YESAnd』です。
 
YESAndとは
女性の意見にコチラの意見を被せ
否定を弱める会話技法です。
 
たとえば

「たしかにそうだよね。(YES)
 他にも(And)○○な所もあるよね。」

YESBUTと似た会話技法になりますが、
YESBUTは「でも」
という否定の接続詞です。
 
それとは違いYesAndは
「他にも」という
付け加えの接続詞になります。
 
つまりYesAndの方が
否定された感覚は弱いということ。
 
なので、
次のように使い分けるのが
オススメです。
 
・否定が続いて
 否定を弱めた方が良さそうな時
⇒YESAnd

 
・あまり否定する機会が無く
 YESマンと思われそうな時
⇒YESBUT

 
 
■モテる男が会話で扱う否定の仕方3
『否定の打ち消し』です。
 
否定の打消しとは
・否定を示す
⇒否定を打ち消す言葉を付ける
この会話技法です。
 
例えば

「このぬいぐるみ可愛くない?」
「そっかぁ?(否定)
 まぁ、ぬいぐるみが可愛いっていってる
 ○○ちゃんが可愛いよな(打ち消し)」
「はいはいクチうまいね(#^.^#)」

この否定の仕方は、
否定を打ち消す言葉から
どれだけプラスの感情を引き出せるか、
が重要となります

 
ハッキリと言って
使用する初期段階では
扱うのが難しいタイプの技法です。
 
繰り返し実践することで
身に付く否定の仕方になるので
注意して下さい。
 
 
■モテる男が会話で扱う否定の仕方4
『他者の意見』です。
 
他者の意見とは
「あなたの意見では無く
 他者の意見を持ち出し否定を示す」
会話技法です。
 
例えば

「○○だと思わない?」
「まぁそう思うよねぇ。
 あっ、ただ前友達と話している時に
 同じ様な話し挙がったんだけど、
 友達は△△だと思うって
 言ってたんだよね。
 何が正しいのか難しいけどね。」

この様に他者の意見として
否定的な意見を述べます。
 
なぜか。
 
架空の他者を作り出す事により
否定した時に「あなたとは合わない」という思考が
働きずらくなるからです。
 
 
■モテる男が会話で扱う否定の仕方5
『別の意見を引き出し、合わせる』です。
 
先に会話例から。

「○○だと思わない?」
「まぁ俺も○○ちゃんの立場だったら
 同じ様に思うね。
 ただ逆の立場だとどうだろうって
 少し考えちゃうかな。
 ○○ちゃんは仮に逆の立場としたら
 どう考える?」
「う~ん。
 逆だったら××に思う事もあるよ」
「だよね。どっちも思う事あるもんね」

コチラが女性と違う意見を発信すると
否定的な意見だと捉える恐れがあります。
 
なので、逆の立場からという
「最初の意見とは別となる考え」に辿り着くように
女性を誘導するのです。
 
勿論あなたが思う様な考え方を
女性が確実に導き出す訳ではありません。
 
つまり
あなたの考え方が伝わるとは
限らないということ。
 
しかし
他の考え方も含めて考えるように持ち込むのは
「あなたが否定したい最初に提示した意見を
 改めて考えるキッカケ」になる事があります

 
そして
自分自身で気付かせる事になった場合
「新たな考え方を与える」事ができるのは
共感ばかりしているケースでは作り出せないので
共感ばかりする人と捉えられない事に繋がります。
 
また新たな気付きを与える人に対して
人は一目置くところがあるので
女性の中でのあなたの価値が
高まる事にも繋がります。
 
なので、
特に導きたい答えがある訳じゃない話しで
述べたような効果を引き出したい時に
このテクニックを参考にして下さい。
 
では次の
『女が惚れる男が会話で魅せる
 否定テクニック使用上の注意』の解説に
引き続き入ります。
 
※モテ男閲覧禁止!
ツマラナイ男と認定される悩みとは無縁のモテ男に進化可能。
絶望的非モテ男が、秒速で激カワ女性とウハウハな日々をゲットした魔法のノウハウはコチラをクリック

女が惚れる男が会話で魅せる否定テクニック使用上の注意

 
onnagahoreruotoko-moteruotoko
 
先に解説した、
否定テクニックを使用した際に
正しく使用したにも関わらず
効果に違いが生まれるケースがあります。
 
効果の違いとは
次の通りです。
 
■ケース1
否定と強く感じ取られ
自分とは合わない
ネガティブな男
自分の事しか考えていない
この様に思われる場合。
 
■ケース2
否定と強く感じ取らせず
自分がある人
本音で話している人
表面上で無く心を開いてくれている人
この様に思われる場合。
 
正しく使用した中で
全く真逆の状況に陥っている訳です。
 
では、
どの様にケース1に陥る事態を防ぐのか。
 
注意するのは以下の3つ。

1.相談や愚痴の話し
2.女性に関する話題
3.女性が強いこだわり持っている部分の話し

この時に
否定を使用しないことです。
 
つまり、
否定テクニックを使用するのは
【他愛も無い話しが大前提となり
 あなたor第三者に関する話題で
 女性が熱を入れて話していない時】
この場合に限るという事です。

 
なお、
関係を深く築いた段階となると
2・3の部分で
否定テクニックを駆使し
あなたの意見を言わざるを得ない時も
当然訪れます。
 
そこはケースバイケースです。
 
ただ1に関しては、
できる限りゼロに近いのが望ましいので
相談・愚痴の際は可能な限り
否定せずに取り組んで下さい。
 
では次の
『モテる男の会話術を扱う初期段階』の解説に
引き続き入ります。

モテる男の会話術を扱う初期段階

 
onnagahoreruotoko-moteruotoko
 
モテる男の会話術には
否定を織り交ぜる事が必要となります。
 
ただ否定に慣れていない段階では
良い印象を与えられない状態に
陥る恐れがあります。
 
身に付けるまでに
失敗はつきものとなり
失敗をすると
ここまで解説している事から分かる通り
・自分とは合わない
・ネガティブな男
・自分の事しか考えていない
この様な印象を与えてしまうからです。
 
なので
否定のテクニックを
扱い始める初期段階の内は
以下の事を抑えてください。
 
『関係を築く最初の内は肯定のみ』です。
 
例えば、

■実践初期段階でのステップ
・ Step1
初対面と2回目に会う時は肯定のみ

・Step2
3回目以降から否定を交える

実践初期段階1or2を繰り返し否定に慣れる

・実践最終STEP
扱うのに慣れてくれば
初対面や2回目に会う時も否定を交える

この様なステップを
踏みましょうという事です。
 
なぜか。
 
印象が固まっていない中で
否定を扱うのを失敗すると
最初につく印象は
「否定的で合わない人」となります。
 
そうなると
そこで関係を断たれる恐れがあります。
 
しかし、
共感のみを使い続けた場合
あなたへの印象が「自分の価値観と合う人」と
この印象が固まります。
 
そうなると否定に失敗しても、
関係を築くのに支障が生まれずらいです。
 
どうぞ参考にしてください。
 
否定テクニックを扱う
初期段階で抑えること、もう一点。
 
共感のみの会話で
女性との関係が順調に深くなっている場合。
 
その場合、
その女性とのやり取りに関しては
否定を織り交ぜないことです

 
否定テクニックに慣れる為に
上手く関係が進展している女性と
関係が断つ危険を冒すのは勿体ないからです。
 
なので、共感を繰り返していて
最初の頃に比べ
女性との会話が単調になってきた
つまらなそうな表情をしている
関係が深くならないor後退している
 
この様に行き詰まりを感じた時に
否定を織り交ぜてください。
 
このケースとなると
共感を続けたとしても
関係の発展を望めない訳なので
そもそも何かしら
接触に変化を起こす必要があるからです。
 
纏めます。
・慣れるまでは、
 関係構築初期段階で使用しない
・慣れたとしても
 共感のみの接触で
 関係発展を望める場合は使用しない
・共感のみの接触で
 関係発展を望めない場合
 慣れる為に使用する
 
という事です。
 
参考にして下さい。
 
なお、以下の記事でも
モテる男の会話術を解説しているので
興味がある際はご覧に下さい。
⇒ 女性と確実に仲良くなる会話術はコチラ
⇒ 女性に抜群にウケの良い会話の作り方はコチラ

千人を超えるモテない男に
彼女を作り続けて来たアノ男が
プレゼントをバラ撒き中!
※無料プレゼントは予告なくお渡しを終了致します
以下よりお早目にお受取り下さい。
(ページが非表示の場合、配布終了です。)
↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

1000人を超えるブサメンに
彼女を作り続けて来た

恋愛コンサルタント大友知也
1986年生まれ

身長159cm三流大卒元パチ屋勤務

幼少期よりコミュ力欠落者とし
中学生活までをゲームと共に過ごす
高校時に、人生初の告白を学校中に晒され、典型的な女性恐怖症に…
しかし、現在では年間70人の女性をコンスタントに口説き落とす
恋愛コンサルタントとして活躍中。
なぜ、私が急激にモテ男に進化したのか・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
鬼モテStory

購入者特典


当サイトでの恋愛商材の購入には
恋愛コンサルタントならではの
他のサイトでは手にできない
強烈なオリジナル特典
が付いています。
【特典の詳細はコチラ】

レビュー一覧



当サイトレビュー商材一覧は、
以下よりご確認ください。
レビュー商材一覧はコチラ

評価別レビュー一覧

目次

目次はこちら

応援ポチ


いつも応援頂き有難う御座います。
応援のお陰で、当サイト
人気ブログランキングのほうで、
1位を獲得する事ができました。


本当にありがとうございます。
1日1回下記画像を1クリック頂き、
応援ポチして下さると、記事更新の
モチベーションになりますので、
今後とも応援宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ



3つ、全て応援ポチをクリックして頂いた方にはマル秘特典をプレゼント

下記より特典請求して下さい。
⇒ マル秘特典請求フォーム

メールフォーム

お問合せはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

恋愛相談・質問をご希望の方は、
質問前に必ずQ&Aをご確認下さい

関連リンク